アジアン・エア(DM/DEX)・ビジネス・エア(8B/BCC)・Rエアラインズ(RK/RCT)・
サイアム・エア(O8/SQM)・ソーラー・エア(SRB)・PBエア(9Q/PBA)・
プーケット航空(9R/VAP)・タイ・スカイ・エアラインズ(9I)
タイにはさまざまな航空会社があり、小さな航空会社を紹介しますが多くがなくなりました。アジアン・エアはチャーター扱いで日本へも乗り入れていましたがなくなりました。ビジネス・エアは紛らわしい名称ですが、全席ビジネスクラスということではありませんし、おもにチャーター便運航なので利用者の多くはビジネス客ではなく観光客でしたがなくなりました。Rエアラインズとサイアム・エアはともに新興航空会社で、LCCといっていいでしょう。ソーラー・エアは小型プロペラ機のローカル線でしたがなくなったようです。 2018年10月記
サイアム・エアのB737-300、HS-BRUは元中国国際航空の機体。タイ・ライオン・エアより。(2017年3月2日 バンコクDMK) 2018年10月記 RエアラインズのA321、HS-RCCは元エア2000、そしてバタビア航空を経ています。手荷物検査後のエリアより。(2017年3月7日 ハートヤイHDY) 2018年10月記 アジアン・エアのB767-200、HS-DCMがバンコクへ出発。この機体は元中国民航で、中国国際航空を経てアジアン・エアに。ターミナル1の展望デッキより。(2014年8月7日 成田NRT) 2016年1月記
アジアン・エアのB767-200、HS-DCMがバンコクから到着。この機体は元中国民航で、中国国際航空を経てアジアン・エアに。ターミナル2北側の展望デッキより。(2014年5月6日 成田NRT) 2016年1月記 アジアン・エアのB767-200、HS-DCMがバンコクから到着。この機体は元中国民航で、中国国際航空を経てアジアン・エアに。ターミナル2北側の展望デッキより。(2014年5月6日 成田NRT) 2016年1月記 ソーラー・エアのドルウニDo228、HS-SAB。展望デッキより窓越し。(2013年1月12日 バンコクDMK) 2016年1月記
ビジネス・エアのB767-300、HS-BIBが出発。この機体は元ヴァリグ・ブラジル航空。空港周辺の歩道橋より。(2013年1月12日 バンコクBKK) 2016年1月記 ビジネス・エアのB767-300、HS-BIDが滑走路01Lを離陸。この機体は元スカンジナビア航空、エア・ホランド、ベトナム航空を経てビジネス・エアに。空港周辺の歩道橋より。(2013年1月13日 バンコクBKK) 2016年1月記 ビジネス・エアのB767-300、HS-BIEがバンコクへ出発。この機体は元スカンジナビア航空で、マダガスカル航空を経ていて、デザインはその時のままですが売却されました。空港展望台より。(2011年11月2日 仁川ICN) 2016年1月記
ビジネス・エアのB767-300、HS-BIEがバンコクへ離陸。この機体は元スカンジナビア航空で、マダガスカル航空を経ていて、デザインはその時のままですが売却されました。空港展望台より。(2011年11月2日 仁川ICN) 2016年1月記 ビジネス・エアのB767-300、HS-BIDがバンコクへ出発。この機体は元スカンジナビア航空で、エア・ホランド、ベトナム航空を経てビジネス・エアに。ターミナル1の展望デッキより。(2011年7月17日 成田NRT) 2016年1月記 ビジネス・エアのB767-300、HS-BIDがA滑走路北側から間もなくバンコクへ離陸。この機体は元スカンジナビア航空で、エア・ホランド、ベトナム航空を経てビジネス・エアに。(2011年4月29日 成田NRT) 2016年1月記
PBエアのエンブラエルERJ-145、HS-PBEですが、この航空会社はなくなりました。機体はさまざまな航空会社を経てジンバブエに売却されました。展望デッキより窓越し。(2006年3月2日 バンコクBKK) 2019年3月記  プーケット航空のB737-200、HS-AKUですが、この航空会社はなくなりました。展望デッキより窓越し。(2006年3月2日 バンコクBKK) 2019年3月記   タイ・スカイ・エアラインズのロッキードL-1011トライスター、HS-AXAですが、この航空会社はなくなりました。この機体は元デルタ航空。展望デッキより窓越し。(2006年3月2日 バンコクBKK) 2019年3月記  
タイ・スカイ・エアラインズのロッキードL-1011トライスター、HS-AXAですが、この航空会社はなくなりました。この機体は元デルタ航空。カーパークより。(2006年3月2日 バンコクBKK) 2019年3月記