ジェットスター・パシフィック航空(パシフィック・エアラインズ)(BL/PIC)・
ベトナム・エアサービス(0V/VFC)・バンブー・エアウェイズ(QH/BAV)
ジェットスター・パシフィック航空はいうまでもなくオーストラリアのカンタス航空系列のLCCであるジェットスター航空がベトナムで展開する航空会社で、日本のジェットスター・ジャパンなどと兄弟会社ということになります。短期間ですが関西へ乗り入れてもいました。ベトナム・エアサービスはベトナム航空のプロペラ便部門のようです。バンブー・エアウェイズは新しい航空会社ですが、ワイドボディ機も導入予定で、日本乗り入れも検討しているそうです。 2020年1月記
バンブー・エアウェイズのB787-9、VN-A818。ランプバス車内より。(2020年2月20日 ハノイHAN) 2020年3月記           バンブー・エアウェイズのB787-9、VN-A919が間もなく離陸。国際線ターミナルの展望エリアより窓越し。(2020年2月20日 ハノイHAN) 2020年3月記            バンブー・エアウェイズのA321、VN-A597が間もなく離陸。この機体は元アエロフロート・ロシア航空。国際線ターミナルの展望エリアより窓越し。(2020年2月20日 ハノイHAN) 2020年3月記            
ジェットスター・パシフィック航空のA320、VN-A573が出発。出国後のエリアより。(2020年1月2日 ホーチミンSGN) 2020年1月記            バンブー・エアウェイズのA321、VN-A588がハノイから到着。大型連休のチャーター便として双方向チャーターで飛来。空港横の公園より。(2019年5月2日 茨城IBR) 2019年7月記           バンブー・エアウェイズのA321、VN-A588がホーチミンへ離陸。大型連休のチャーター便として双方向チャーターで飛来。空港横の公園より。(2019年5月2日 茨城IBR) 2019年5月記         
ジェットスター・パシフィック航空のA320、VN-A564が離陸。出国後のエリアより。(2019年1月7日 ホーチミンSGN) 2019年1月記         ジェットスター・パシフィック航空のA320、VN-A563。この機体は元シルクエア。出国後のエリアより。(2019年1月7日 ホーチミンSGN) 2019年1月記         ベトナム・エアサービスのATR-72、VN-B218が到着。この機体は元ベトナム航空。出国後のエリアより。(2019年1月7日 ホーチミンSGN) 2019年1月記        
ベトナム・エアサービスのATR-72、VN-B218が到着。この機体は元ベトナム航空。出国後のエリアより。(2019年1月7日 ホーチミンSGN) 2019年1月記         バンブー・エアウェイズのA320、TC-FBO。この機体は元トルコのフリーバード。出国後のエリアより。(2019年1月15日 ホーチミンSGN) 2019年1月記         ベトナム・エアサービスのATR-72、VN-B225が間もなく離陸。この機体は元ベトナム航空。ベトナム航空機内より。(2019年1月16日 ホーチミンSGN) 2019年1月記        
ジェットスター・パシフィック航空のA320、VN-A571がダナンへ出発。展望ホールより。(2017年12月9日 関西KIX) 2018年9月記      ジェットスター・パシフィック航空のA320、VN-A556がホーチミンから滑走路19Rに到着。この機体は元タイガー・エアウェイズでしたが、売却されました。空港周辺の歩道橋より。(2017年3月9日 バンコクBKK) 2018年9月記       ジェットスター・パシフィック航空のA320、VN-A555がホーチミンから到着。この機体は元タイガー・エアウェイズでしたが、売却されました。グランインカムホテルの客室より。(2017年3月13日 バンコクBKK) 2018年9月記       
パシフィック・エアラインズのA320、VN-A168が到着。この機体は元TACA航空でしたが、TAM航空へ売却され退役しました。(2005年3月8日 ハノイHAN) 2020年5月記       パシフィック・エアラインズのA320、VN-A168が出発。この機体は元TACA航空でしたが、TAM航空へ売却され退役しました。(2005年3月8日 ハノイHAN) 2020年5月記