ビーマン・バングラデシュ航空(BG/BBC)・ユナイテッド・エアウェイズ(4H/UBD)・
ロイヤルブータン航空(KB/DRK)・ブータン・エアラインズ(B3/BTN)
ビーマン・バングラデシュ航空は以前、バンコク経由で成田にも乗り入れていた時期があり、DC-10やA310を運航していました。さらにずっと以前に乗り入れていた時期はB707でした。一度B707で日本乗り入れを果たし、しばらく運休した後再開し、現在は再び運休している状態です。バングラデシュのユナイテッド・エアウェイズは近隣国へ国際線を運航します。もちろんですがアメリカのユナイテッド航空とはまったく関係ありません。ロイヤルブータン航空はドゥルック航空といったほうが一般的で、機体にもドゥルックエアーと記され、3レターもDRKです。「ロイヤルブータン航空」などと呼んでいるのは日本だけだと思います。 2016年6月記
ブータン・エアラインズのA319、A5-BACがコルカタから到着。この機体は元中国東方航空。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2017年3月13日 バンコクBKK) 2017年9月記  ロイヤルブータン航空のA319、A5-JSWがバグドグラから到着。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2017年3月13日 バンコクBKK) 2017年9月記   ビーマン・バングラデシュ航空のB737-800、S2-AHOがダッカから到着。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2017年3月13日 バンコクBKK) 2017年9月記   
ビーマン・バングラデシュ航空のB777-300ER、S2-AHNがダッカからアプローチ。京浜島より。要人特別機として飛来。(2014年5月25日 羽田HND) 2016年6月記 ビーマン・バングラデシュ航空のB777-300ER、S2-AHN。国際線ターミナルより。要人特別機として飛来。(2014年5月25日 羽田HND) 2016年6月記 ビーマン・バングラデシュ航空のB777-300ER、S2-AHN。国際線ターミナルより。要人特別機として飛来。(2014年5月25日 羽田HND) 2016年6月記
ロイヤルブータン航空のA319、A5-RGGがパロから滑走路02にアプローチ。(2013年3月12日 カトマンズKTM) 2016年6月記 ユナイテッド・エアウェイズのMD-83、S2-AEUがダッカから滑走路02にアプローチ。(2013年3月12日 カトマンズKTM) 2016年6月記 ロイヤルブータン航空のATR-42、A5-RGGがパロから滑走路02にアプローチ。(2013年3月13日 カトマンズKTM) 2016年6月記
ビーマン・バングラデシュ航空のA310、S2-ADFがダッカに出発。出国後のエリアより。(2013年3月14日 カトマンズKTM) 2016年6月記 ビーマン・バングラデシュ航空のA310、S2-ADFがダッカに出発。出国後のエリアより。(2013年3月14日 カトマンズKTM) 2016年6月記 ロイヤルブータン航空のA319、A5-RGIが滑走路01Lをバグドグラに離陸。(2013年1月13日 バンコクBKK) 2016年6月記
ユナイテッド・エアウェイズのMD-83、S2-AEUがダッカから到着。展望デッキから窓越し。(2012年4月14日 クアラルンプールKUL) 2016年6月記 ユナイテッド・エアウェイズのMD-83、S2-AEUが滑走路32Rをダッカへ離陸滑走。(2012年4月14日 クアラルンプールKUL) 2016年6月記 ビーマン・バングラデシュ航空のB777-200、CS-TFMがダッカからアプローチ。チャンギビーチパークより。この機体はポルトガルのユーロアトランティック・エアウェイズ。(2010年5月10日 シンガポールSIN) 2016年6月記