ミャンマー国際航空(8M/MMA)・エアKBZ(K7/KBZ)
ミャンマー国際航空はバンコク、クアラルンプール、シンガポールなどへ運航し、一時期日本へも定期チャーターを運航する予定だったのですが、数回運航するにとどまったようです。ただ、ミャンマーでは日本企業が多く進出しているので、いずれ日本へ定期便として乗り入れるのではないでしょうか。エアKBZはミャンマー国際航空と同じ系列の国内線航空会社で、プロペラ便のみを運航します。 2015年10月記
ミャンマー国際航空のA320、XY-AGOがヤンゴンから到着。この機体は元フランスのスターエアラインズ。展望デッキより二重のガラス越し。(2017年3月9日 バンコクBKK) 2017年9月記  ミャンマー国際航空のA320、XY-AGOがヤンゴンから到着。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2017年3月13日 バンコクBKK) 2017年9月記    エアKBZのATR-72、XY-AIWが空港東側からアプローチ。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記
ミャンマー国際航空のA320、XY-AGOが空港東側からアプローチ。この機体は元フランスのスターエアラインズのもの。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記 エアKBZのATR-72、XY-AJCが空港東側からアプローチ。この機体は元アメリカン・イーグル。(2014年11月2日 ヤンゴンRGN) 2015年10月記 ミャンマー国際航空のA320、LZ-BHGがヤンゴンから滑走路19Rにアプローチ。元インディゴの機体で、バルカンホリデイズに移籍中にリースされたようです。空港周辺の歩道橋より。(2013年1月12日 バンコクBKK) 2015年10月記
ミャンマー国際航空のA320、XY-AGG がヤンゴンから到着。元スロベニアのアドリア航空の機体。展望デッキよりガラス越し。(2012年4月15日 クアラルンプールKUL) 2015年10月記 ミャンマー国際航空のA321、F-GYAZ がシンガポールから到着。元スイス航空の機体でエール・メディティラネへ移籍中にリースされたもの。空港鉄道のラートクラバン駅界隈より。(2012年2月22日 バンコクBKK) 2015年10月記 ミャンマー国際航空のA320、XY-AGGがヤンゴンからアプローチ。元スロベニアのアドリア航空の機体。空港鉄道のラートクラバン駅界隈より。(2012年2月22日 バンコクBKK) 2015年10月記
ミャンマー国際航空のA321、F-GYAZ がヤンゴンから到着。元スイス航空の機体でエール・メディティラネへ移籍中にリースされたもの。展望デッキより二重のガラス越し。(2012年2月23日 バンコクBKK) 2015年10月記 ミャンマー国際航空のA321、F-GYAZ がヤンゴンから到着。元スイス航空の機体でエール・メディティラネへ移籍中にリースされたもの。展望デッキより二重のガラス越し。(2012年2月23日 バンコクBKK) 2015年10月記 ミャンマー国際航空のA321、F-GYAZ がシンガポールから滑走路19Rに到着。元スイス航空の機体でエール・メディティラネへ移籍中にリースされたもの。空港周辺の歩道橋より。(2012年2月23日 バンコクBKK) 2015年10月記
ミャンマー国際航空のA321、F-GYAZ がシンガポールから到着。元スイス航空の機体でエール・メディティラネへ移籍中にリースされたもの。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2012年2月25日 バンコクBKK) 2015年10月記 ミャンマー国際航空のA321、F-GYAZ がヤンゴンへ離陸。元スイス航空の機体でエール・メディティラネへ移籍中にリースされたもの。空港周辺のグランインカムホテルの客室より。(2012年2月26日 バンコクBKK) 2015年10月記 ミャンマー国際航空のA320、XY-AGGがバンコクへ出発。元スロベニアのアドリア航空の機体。出国後のエリアより。(2010年5月13日 シンガポールSIN) 2015年10月記
ミャンマー国際航空のB737-800、TC-APGがヤンゴンへ出発。ペガサス・エアラインズの機体でしたが、ドイツへ売却されました。出国後のエリアより。(2004年4月23日 シンガポールSIN) 2020年9月記