四川航空(3U/CSC)・成都航空(EU/EUA)
四川省成都を拠点にする航空会社で、国内線と国際線を運航し、国際便はオーストラリアやカナダへの長距離便も運航しています。しかし、中国では存在感のある航空会社でありながらも、いまだに日本路線はありません。機材はエアバスのみで、A19、A320、A321の、いわゆるA320ファミリーといわれる機体を中心にし、成都〜北京間などの国内幹線にはA330-300、国際線にはおもにA330-200が運行されています。機体のデザインは赤基調で、どこか成都名物の激辛麻婆豆腐を連想してしまいます。成都航空は以前は鷹聯航空を名乗っていましたが、四川航空系列に入り、成都航空に改名、国内線のみを運航しています。 2015年3月記
四川航空のA321が済南から到着。周水子駅の陸橋より。(2014年9月20日 大連DLC) 2015年3月記 四川航空のA320が杭州から到着。周水子駅の陸橋より。(2014年9月21日 大連DLC) 2015年3月記 四川航空のA330-300、B-5945が成都から到着。(2014年7月7日 北京PEK) 2015年3月記
四川航空のA320、B-2397が滑走路01にアプローチ。(2014年7月7日 北京PEK) 2015年3月記 四川航空のA319、B-2300が出発。出国後のエリアより。(2014年7月16日 北京PEK) 2015年3月記 四川航空のA321、B-6387が成都から到着。新生公園より。(2013年10月14日 台北松山TSA) 2015年3月記
四川航空のA320、B-6955が滑走路21を離陸。(2013年3月16日 昆明KMG) 2015年3月記 四川航空のA330-200、B-6518がサイパンから到着。出国後のエリアより。(2012年6月19日 広州CAN) 2015年3月記 四川航空のA330-200、B-6517が成都へ出発。荷物検査後のエリアより。(2011年2月23日 北京PEK) 2015年3月記
四川航空のA321、B-2286は元マカオ航空の機体です。(2011年3月1日 深センSZX) 2015年3月記 四川航空のA319、B-6185が出発。(2011年3月1日 深センSZX) 2015年3月記 四川航空のA321、B-2293は元トルコのオヌール・エアの機体で、エア・アルファ、ベルギーのブリュッセル・インターナショナル・エアウェイズ、ベトナム航空を経て四川航空となりました。(2010年10月9日 南京NKG) 2015年3月記
成都航空のA319、B-6230は元東星航空の機体で、鷹聯航空に売却され、鷹聯航空が成都航空に改名されました。(2010年10月9日 南京NKG) 2015年3月記 四川航空のA320、B-6323が滑走路36Rにアプローチ。(2009年5月9日 北京PEK) 2015年3月記 四川航空のA320、B-6323が間もなく滑走路36Rから離陸。(2009年5月9日 北京PEK) 2015年3月記
四川航空のA319、B-6176が間もなく滑走路36Rから離陸。(2009年5月11日 北京PEK) 2015年3月記 四川航空のA321、B-2370が間もなく滑走路36Rから離陸。(2009年5月11日 北京PEK) 2015年3月記 四川航空のA320、B-6325が到着。(2009年5月11日 北京PEK) 2015年3月記
四川航空のA320、B-6322が到着。(2009年5月12日 天津TSN) 2015年3月記 四川航空のA320、B-6322が滑走路16Rを離陸。(2009年5月12日 天津TSN) 2015年3月記