日本エアコミューター(3X/JAC)・北海道エアシステム(NTH)

日本エアコミューターは日本航空系列で、プロペラ機のみ運航しています。元々は日本エアシステムが鹿児島県の離島を結ぶために、これら離島の自治体とともに設立し、後に日本エアシステムが日本航空と統合されたので、日本航空系列となりました。こういった経緯があるため、現在でも運航拠点は鹿児島です。北海道エアシステムは日本エアシステムと北海道が設立し、やはり日本エアコミューターと同じ経緯で日本航空系列となりましたが、現在は系列を離脱し、北海道独自の航空会社となり、デザインも独自のものになりました。 2014年5月記
北海道エアシステムのサーブ340、JA01HCが丘珠から到着。展望デッキより。(2016年9月1日 函館HKD) 2016年9月記 北海道エアシステムのサーブ340、JA02HCが丘珠へ出発。展望デッキより。(2016年9月1日 函館HKD) 2016年9月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8594が出雲へ出発。ターミナル2の展望デッキより。(2016年8月6日 福岡FUK) 2016年9月記
北海道エアシステムのサーブ340、JA02HCが釧路へ出発。展望デッキより。(2016年7月4日 丘珠OKD) 2016年7月記 北海道エアシステムのサーブ340、JA02HCが釧路へ出発。展望デッキより。(2016年7月4日 丘珠OKD) 2016年7月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8704が松山へ出発。ターミナル2の展望デッキより。(2016年2月18日 福岡FUK) 2016年7月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA846Cが松山から到着。ターミナル2の展望デッキより。(2016年1月19日 福岡FUK) 2016年3月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8900が松山へ出発。ターミナル2の展望デッキより。(2016年1月19日 福岡FUK) 2016年3月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA851Cが徳島へ出発。ターミナル2の展望デッキより。(2016年1月19日 福岡FUK) 2016年3月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA842Cが奄美大島へ離陸。展望デッキより。(2016年1月10日 鹿児島KOJ) 2016年1月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA841Cが屋久島へ離陸。展望デッキより。(2016年1月10日 鹿児島KOJ) 2016年1月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA001C。展望デッキより。(2016年1月10日 鹿児島KOJ) 2016年1月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA843CとJA847C。展望デッキより。(2016年1月10日 鹿児島KOJ) 2016年1月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA847Cが福岡へ向かう準備中。展望デッキより。(2016年1月13日 宮崎KMI) 2016年1月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA846Cが福岡へ離陸。展望デッキより。(2016年1月13日 宮崎KMI) 2016年1月記
日本エアコミューターのサーブ340、JA8900が福岡へ出発。展望デッキより。(2015年12月11日 高知KCZ) 2015年12月記 北海道エアシステムのサーブ340、JA02HCが丘珠へ離陸。展望デッキより。(2015年11月8日 釧路KUH) 2015年12月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA002C。北海道エアシステムの便として運航。展望デッキより。(2015年11月9日 丘珠OKD) 2015年12月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA843Cが伊丹から到着。展望デッキより。(2015年10月6日 出雲IZO) 2015年10月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8649が松山から到着。ターミナル1の展望デッキより。(2015年10月9日 福岡FUK) 2015年10月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8649が出雲へ離陸。ターミナル1の展望デッキより。(2015年10月9日 福岡FUK) 2015年10月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA851C。ターミナル1の展望デッキより。(2015年10月9日 福岡FUK) 2015年10月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA842C。ターミナル2の展望デッキより。(2015年10月10日 福岡FUK) 2015年10月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8886が松山から到着。ターミナル2の展望デッキより。(2015年10月10日 福岡FUK) 2015年10月記
北海道エアシステムのサーブ340、JA01HC。日本航空系列を離脱してからのデザイン。(2012年9月6日 丘珠OKD) 2014年5月記 北海道エアシステムのサーブ340、JA01HC。(2012年9月6日 丘珠OKD) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA844C。(2012年2月12日 福岡FUK) 2014年5月記
北海道エアシステムのサーブ340、JA02HC。(2011年7月29日 函館HKD) 2014年5月記 北海道エアシステムのサーブ340、JA01HC。(2011年7月31日 丘珠OKD) 2014年5月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8594が喜界島に向かいます。(2011年3月27日 奄美大島ASJ) 2014年5月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA850C。(2011年3月27日 奄美大島ASJ) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA850C。(2011年3月27日 奄美大島ASJ) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA842C。(2011年3月27日 奄美大島ASJ) 2014年5月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA842C。(2010年8月28日 鹿児島KOJ) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA848C。(2010年8月28日 鹿児島KOJ) 2014年5月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8594はここ鹿児島を拠点にします。(2010年8月28日 鹿児島KOJ) 2014年5月記
日本エアコミューターのサーブ340、JA8887が離陸待ちのチャイナエアラインの傍らを着陸。(2010年8月10日 福岡FUK) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA842C。(2010年8月16日 松山MYJ) 2014年5月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8703が福岡から到着。(2010年8月16日 松山MYJ) 2014年5月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA846C。(2010年3月23日 松山MYJ) 2014年5月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8887が福岡へ出発。(2010年3月23日 松山MYJ) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA851C。(2010年3月8日 宮崎KMI) 2014年5月記
日本エアコミューターのサーブ340、JA8887。この機体は現在は宮崎に来なくなったようです。(2010年3月8日 宮崎KMI) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA841C。(2010年1月12日 大分OIT) 2014年5月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8594。現在はこの機体は岡山に来なくなったようです。(2009年3月23日 岡山OKJ) 2014年5月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA846C。(2008年12月20日 伊丹ITM) 2014年5月記 日本エアコミューターのサーブ340、JA8703が出雲に向かいます。(2008年12月20日 伊丹ITM) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA841C。後方の船は佐渡汽船。(2008年8月13日 新潟KIJ) 2014年5月記
日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA841C。(2008年8月13日 新潟KIJ) 2014年5月記 日本エアコミューターのボンバルディアDHC-8-400、JA841C。(2008年8月13日 新潟KIJ) 2014年5月記 北海道エアシステムのサーブ340、JA02HC。現在は旭川便はなくなったようです。(2007年6月19日 旭川AKJ) 2014年5月記