JR東海 東海道本線(豊橋〜米原)の旅
JR東海の東海道本線は熱海から米原までの区間です。全線にわたって同じような顔の車両ばかりが走っているのですが、車内設備は静岡地区と名古屋・岐阜地区でガラリと変わり、静岡県内はロングシートばかり、中にはトイレもない簡素な車両が、それも長距離に渡って走っています。しかしおよそ豊橋から先は逆にセミクロスシート車両すらなく、クロスシート車両ばかりになります。豊橋から先は名古屋鉄道という競争相手があるからでしょうが、それにしても鉄道会社は、同じ車両を静岡用、愛知用と作り分けているわけで、何ともえげつないものです。話変わってさすがに東海道本線だけあって貨物列車は頻繁に通るようです。やはり大動脈です。  2013年1月記
313系2両+6両で8両編成の新快速大垣行きに乗って名古屋へ向かいます。(2019年12月22日 豊橋) 2019年12月記     313系2両+6両で8両編成の新快速大垣行きに乗って名古屋へ向かいます。(2019年12月22日 豊橋) 2019年12月記     313系の特別快速豊橋行き車内。名古屋から豊橋へ向かっています。(2019年12月22日) 2019年12月記    
313系の岐阜行きに乗って金山から名古屋に到着。(2019年10月16日 名古屋) 2019年10月記     311系の大垣行きに乗ります。JR西日本の新快速が遅れたため混雑しています。(2019年3月23日 米原) 2019年3月記      名古屋駅。(2018年10月28日 名古屋) 2018年10月記  
313系2両+4両で6両編成の米原行き。(2017年3月31日 大垣) 2017年9月記   311系の大垣行き。(2017年4月4日 柏原) 2017年4月記 柏原駅のホームから見た伊吹山。(2017年4月4日 柏原) 2017年4月記
313系2両の美濃赤坂行きワンマン列車。美濃赤坂支線は大垣駅のかきとりホーム3番線を発着します。(2017年4月4日 大垣) 2017年4月記 313系2両の美濃赤坂行きワンマン列車。美濃赤坂支線は大垣駅のかきとりホーム3番線を発着します。(2017年4月4日 大垣) 2017年4月記 313系2両の美濃赤坂行きワンマン列車が終着駅に到着。(2017年4月4日 美濃赤坂) 2017年4月記
313系2両の大垣行きワンマン列車。(2017年4月4日 美濃赤坂) 2017年4月記 313系2両の大垣行きワンマン列車。前パンです。(2017年4月4日 美濃赤坂) 2017年4月記 美濃赤坂駅は東海道本線の支線の終点。(2017年4月4日 美濃赤坂) 2017年4月記
美濃赤坂駅内部。以前は切符売場などがあったようです。(2017年4月4日 美濃赤坂) 2017年4月記 313系の岡崎行きと武豊線の313系武豊行き。(2017年4月4日 大府) 2017年4月記 蒲郡駅。ここで名古屋鉄道蒲郡線に接続します。(2017年1月9日 蒲郡) 2017年4月記
枇杷島駅では東海交通事業の城北線と接続します。(2016年3月16日 枇杷島) 2016年3月記 313系4両+2両で6両編成の岡崎行き。(2016年3月16日 枇杷島) 2016年3月記 313系6両の新快速豊橋行き。(2016年3月16日 枇杷島) 2016年3月記
EF66の引く貨物列車。後方の高架は新幹線、貨物列車が通過しているホームは東海交通事業用。(2016年3月16日 枇杷島) 2016年3月記 DD51とDE10。(2016年3月16日 枇杷島) 2016年3月記 313系6両の岐阜行きと東海交通事業城北線キハ11。(2016年3月16日 枇杷島) 2016年3月記
EF64の引く貨物列車。(2016年3月22日 枇杷島) 2016年3月記 373系と豊橋鉄道1800系(元東京急行電鉄車両)。(2014年12月25日 豊橋) 2015年1月記 木曽川駅は快速が停まらない駅ですが、名古屋鉄道の黒野駅に徒歩5分程。(2014年12月26日 木曽川) 2015年1月記
金山駅は中央本線他、名古屋鉄道、名古屋市営地下鉄が同居しているので「総合駅」と表示。(2014年12月31日 金山) 2015年1月記 岡崎で愛知環状鉄道が分岐します。(2014年8月31日 岡崎) 2014年9月記 岡崎駅前には外国製SLが飾られていました。(2014年8月31日 岡崎) 2014年9月記
313系6両の岡崎行きが終着駅に到着。(2014年8月31日 岡崎) 2014年9月記 北陸本線683系の米原〜金沢間「しらさぎ」と並んだ373系。(2012年8月27日 米原) 2013年1月記 313系4両。東海道本線の313系には2両、3両、4両、6両編成があり、さらにこれらの組み合わせで8両編成まであります。(2012年8月27日 名古屋) 2013年1月記
313系6両。6両編成の車両は全席が前向きになる転換クロスシート車です。(2012年8月27日 名古屋) 2013年1月記 311系。現在は豊橋〜岐阜間の普通列車に使われることが多いようです。(2012年8月27日 名古屋) 2013年1月記 117系。もう引退だそうです。ドアが少ない分、多くの人が座れたのですが。(2011年12月31日 大垣) 2013年1月記
名古屋駅前に立つ「大名古屋ビルヂング」。「ビルヂング」というのがいいです。(2011年8月5日 名古屋) 2013年1月記 名古屋駅前の桜通り、栄方向に続きます。(2011年8月5日 名古屋) 2013年1月記 名古屋駅ビルからでも名古屋城は見えるんですね。望遠レンズで撮ってみました。(2011年8月5日 名古屋) 2013年1月記
名古屋駅前にはモダンな高層ビルが建っていました。(2011年8月5日 名古屋) 2013年1月記 313系2両+4両で6両編成の電車が豊橋方向から到着です。(2011年8月5日 名古屋) 2013年1月記 中央本線211系快速と並んだ東海道本線313系快速。(2011年3月22日 名古屋) 2013年1月記
大垣駅。東海道を「青春18きっぷ」で行き来すると必ず降りる駅。(2011年3月29日 大垣) 2013年1月記 211系4両。211系の初期タイプでセミクロスシート、トイレもありますが、現在は中央本線で運行のようです。(2011年3月29日 大垣) 2013年1月記 313系4両+2両で6両編成の新快速豊橋行き。この間は名古屋鉄道と競合しているので快速が頻繁に走ります。(2011年3月29日 大垣) 2013年1月記
313系6両。6両固定編成の313系は主に豊橋〜大垣間の快速に運行。(2011年3月29日 大垣) 2013年1月記 313系2両。東海道本線の美濃赤坂支線は全列車が313系2両編成で運転されます。(2011年3月29日 大垣) 2013年1月記 東海道本線の大垣〜米原間はけっこう雪が積もる区間です。(2011年1月1日 柏原) 2013年1月記
117系と並んだ313系。新旧の顔合わせですが117系は間もなく引退。(2010年7月22日 尾張一宮) 2013年1月記 117系。朝の通勤時間帯に4両編成を2本つなげて8両で運転。(2010年7月22日 尾張一宮) 2013年1月記 117系国鉄色。JR西日本では珍しくありませんが、JR東海の国鉄色117系はこの1本。(2010年7月22日 尾張一宮) 2013年1月記
313系4両×2の8両編成で運転。朝のラッシュ時は多くの車両が出陣。(2010年7月22日 尾張一宮) 2013年1月記 311系。この車両は登場時はトイレの外側の壁に公衆電話がありました。(2010年7月28日 大垣) 2013年1月記 313系6両+2両の8両。夏の繁忙期はときどき2両編成を増結に使います。(2010年7月28日 大垣) 2013年1月記
三河安城駅は新幹線と接続の比較的新しい駅です。(2010年1月14日 三河安城) 2013年1月記 三河安城駅。こちらは新幹線の三河安城駅、向かい合っています。(2010年1月14日 三河安城) 2013年1月記 313系と並んだ117系。大垣止まりの新快速から米原行きの117系へ、「18きっぷ」利用者の大移動です。(2009年7月21日 大垣) 2013年1月記
117系車内。ドアが少ない分、座席が多くいい車両でした。(2009年3月8日) 2013年1月記 313系車内。これは名古屋・岐阜地区で運転しているクロスシートの車両。(2009年3月8日) 2013年1月記 313系の新快速と快速。快速、新快速、特別快速とあり、停車駅が微妙に違います。(2009年3月8日 大垣) 2013年1月記
311系。311系には4両編成しかありませんが、クロスシート、トイレ付きです。(2008年9月8日 豊橋) 2013年1月記 373系の東京〜大垣間「ムーンライトながら」ですが、現在は臨時列車となりJR東日本の車両だけとなりました。(2008年9月10日 名古屋) 2013年1月記 373系の東京〜大垣間「ムーンライトながら」ですが、現在は臨時列車となりJR東日本の車両だけとなりました。(2008年9月10日 名古屋) 2013年1月記
373系の東京〜大垣間「ムーンライトながら」ですが、現在は臨時列車となりJR東日本の車両だけとなりました。後3両は名古屋止まりでした。(2008年9月10日 名古屋) 2013年1月記 373系の東京〜大垣間「ムーンライトながら」ですが、現在は臨時列車となりJR東日本の車両だけとなりました。ヘッドマークは長良川の鵜飼い。(2008年9月10日 名古屋) 2013年1月記 岐阜駅は県庁所在地の駅。ここで高山本線が枝分かれします。(2008年9月10日 岐阜) 2013年1月記
373系の東京〜大垣間「ムーンライトながら」ですが、現在は臨時列車となりJR東日本の車両だけとなりました。(2008年8月7日 田町) 2013年1月記 373系の東京〜大垣間「ムーンライトながら」ですが、現在は臨時列車となりJR東日本の車両だけとなりました。後方3両は名古屋でおいていかれます。(2008年8月2日 名古屋) 2013年1月記 117系。あまり引退して欲しくない車両でしたので残念です。(2008年8月2日 名古屋) 2013年1月記
117系。4両×2の8両編成で朝の区間快速にも運転されていました。(2008年8月2日 名古屋) 2013年1月記 211系4両。211系の初期の車両ですが、現在は中央本線で運行のようです。(2008年3月24日 岐阜) 2013年1月記 313系4両+2両で6両編成の新快速、オーソドックスな編成です。(2008年3月24日 岐阜) 2013年1月記
313系6両。東海道本線名古屋地区の313系では6両編成のほうが新しく、ヘッドライトが白っぽく見えます。(2008年3月24日 尾張一宮) 2013年1月記 311系。名古屋地区では117系がなくなると311系が最もベテランになってしまうのでしょうか?(2008年3月24日 尾張一宮) 2013年1月記 EF66の引く貨物列車。さすがに東海道本線ということだけあって貨物列車が多いです。(2008年3月24日 尾張一宮) 2013年1月記
313系4両。名古屋地区では快速類が多いので普通列車は空いています。(2008年3月25日 稲沢) 2013年1月記 313系2両+4両で6両編成の新快速が到着、ここからは別の列車に乗り換えて米原を目指します。(2008年3月1日 大垣) 2013年1月記 313系と並んだ311系。(2008年3月1日 大垣) 2013年1月記
313系。東海道本線大垣〜米原間の乗客は多くが「18きっぷ」利用者。(2007年9月7日 米原) 2013年1月記 117系は元はといえば国鉄時代、京阪神間の新快速専用車両。(2007年8月20日 米原) 2013年1月記 313系4両+2両で6両編成の新快速大垣行き。(2007年3月11日 名古屋) 2017年10月記
313系6両の快速米原行き。(2007年3月11日 名古屋) 2017年10月記  311系の浜松行きと373系の米原行き。(2007年3月12日 大垣) 2017年10月記   313系2両が米原から到着。「青春18きっぷ」利用車が次の電車へ乗り換えの大移動。(2006年8月30日 大垣) 2018年8月記  
これは検測車?(2006年3月16日 大垣) 2019年1月記     これは検測車?(2006年3月16日 大垣) 2019年1月記      美濃赤坂支線の313系大垣行き。(2006年3月16日 美濃赤坂) 2019年1月記