JR東海 武豊線の旅
武豊線は知多半島を南下する単線非電化のいわば盲腸ローカル線ですが、名古屋などに通勤する需要が高く、電化されることになったようです。現在は「電車もどき」のディーゼルカー、キハ25系が走る路線でもあります。電車と同じ車体でディーゼルカーという変わった存在ですが、将来的にはJR東海の普通列車はすべてこの顔になるということでしょうか?以前は名古屋から参宮線に直通する快速「みえ」と同じキハ75系が使われていて、昔も今も転換クロスシート中心の車両で、名古屋鉄道との競合もあってか、ロングシート車両が走らないラッキーな路線でもあります。 2013年2月記
313系2両の大府行きワンマン列車。(2017年4月4日 武豊) 2017年4月記 313系2両の大府行きワンマン列車。武豊は終点です。(2017年4月4日 武豊) 2017年4月記 313系2両の武豊行きワンマン列車。(2017年4月4日 石浜) 2017年4月記
313系2両の武豊行きワンマン列車。(2017年4月4日 大府) 2017年4月記 313系2両の大府行きワンマン列車が終着駅に到着。武豊線は電化されました。(2015年9月10日 大府) 2017年4月記 313系4両の武豊行き。この列車は名古屋からの直通列車。(2015年9月10日 大府) 2017年4月記
武豊線の始発となる東海道本線の大府駅。(2012年12月31日 大府) 2013年2月記 駅前にはマンションが建つ大府駅、その中央のホームから武豊線は出発。(2012年12月31日 大府) 2013年2月記 313系電車と並んだキハ25系ディーゼルカー。ほぼ同じですがキハにはおでこのヘッドライトがありません。(2012年12月31日 大府) 2013年2月記
武豊線の2両編成はワンマン運転です。(2012年12月31日 大府) 2013年2月記 キハ25系車内。転換クロスシートにトイレと整理券発行機が見えます。(2012年12月31日 大府) 2013年2月記 キハ25系車内。ワンマン運転ですので運転手後方には運賃箱。(2012年12月31日 大府) 2013年2月記
キハ25系。朝夕を除くとこの車両ばかりで運転します。(2012年12月31日 緒川) 2013年2月記 キハ25系。武豊線は電化工事中でポールの中を行きます。(2012年12月31日 乙川) 2013年2月記 武豊線は電化工事が進んでいて、ポールが建っていました。(2012年12月31日 乙川) 2013年2月記
半田駅からは徒歩5分程で名古屋鉄道の駅に行けます。(2012年12月31日 半田) 2013年2月記 武豊線は単線です。キハ25系は主要駅で行き違いです。(2012年12月31日 半田) 2013年2月記 半田駅の横にはかつて武豊線を走ったというC11が飾られていました。(2012年12月31日 半田) 2013年2月記
キハ25系。313系電車を見慣れていると、どうもパンタグラフがないと締まりがないです。(2012年12月31日 半田) 2013年2月記 キハ25系が終点の武豊駅に到着です。(2012年12月31日 武豊) 2013年2月記 キハ25系。電車とディーゼルカーが同じ車体というユニークな存在。(2011年3月22日 大府) 2013年2月記
キハ75系は朝夕に名古屋から直通します。(2008年3月25日 大府) 2013年2月記