JR東海 紀勢本線の旅
紀勢本線は国鉄時代は和歌山までがひとつの路線でしたが、JR東海の管轄なのは新宮までで、そこから先はJR西日本にバトンタッチです。全線非電化でディーゼル特急「南紀」が走ります。「紀勢」とは紀伊(現在の和歌山)と伊勢(現在の三重)を結ぶという意味です。路線は亀山が起点ですが、名古屋からの列車は快速「みえ」がメインとなる列車で、「みえ」は多気で参宮線に入ってしまいますので、紀勢本線は列車本数が少なく、ローカル列車は不便な路線といっていいでしょう。短区間の列車はキハ11単行のワンマン列車で、トイレもありませんが、新宮方面への列車はキハ40系か、キハ11でもステンレスのトイレ付き車両を連結して運行します。  2013年4月記
キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」。貫通前面の車両が先頭。(2014年12月25日 松阪) 2015年1月記 キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」。(2014年12月25日 松阪) 2015年1月記 キハ11系の亀山行き車内。ステンレス製でトイレのある方の車両。(2014年12月25日) 2015年1月記
キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」。(2014年12月25日 松阪) 2015年1月記 キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」。(2014年12月25日 松阪) 2015年1月記 キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」。近畿日本鉄道米野駅ホームより。(2014年12月26日 名古屋) 2015年1月記
津駅で伊勢鉄道が接続。近畿日本鉄道も同居します。(2014年12月28日 津) 2015年1月記 キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」が伊勢鉄道線を通って津に到着。(2014年12月28日 津) 2015年1月記 キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」とキハ75系の名古屋〜鳥羽間「みえ」。(2014年12月28日 津) 2015年1月記
キハ11系単行の亀山行きワンマン列車。(2014年12月28日 津) 2015年1月記 キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」。特急の旅は新宮でJR西日本「くろしお」にバトンタッチ。(2009年1月8日 新宮) 2013年4月記 キハ40系の多気行き。紀伊半島東部を太平洋に沿って走ります。(2009年1月8日 新宮) 2013年4月記
キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」。貫通前面の車両が先頭です。(2009年1月8日 JR西日本紀勢本線紀伊勝浦) 2013年4月記 キハ11系単行の亀山行きワンマン列車が終着駅に到着。(2008年9月9日 亀山) 2013年4月記 キハ11系車内。セミクロスシートでトイレはありません。(2008年9月9日) 2013年4月記
松阪駅は名松線が枝分かれするほか、近畿日本鉄道も同居。(2008年9月9日 松阪) 2013年4月記 キハ11系。JR西日本関西本線のキハ120系も見えます。(2008年8月1日 亀山) 2013年4月記 キハ11系。ステンレス車体の車両はトイレ付きで、長距離列車に使われます。(2008年8月1日 亀山) 2013年4月記
キハ40系が参宮線との分岐点の多気に向けて出発。(2008年8月1日 亀山) 2013年4月記 キハ85系の名古屋〜紀伊勝浦間「南紀」。高山本線の「ひだ」と同じ車両。(2008年3月24日 関西本線名古屋) 2013年4月記