JR東海 関西本線の旅
関西本線は名古屋から大阪のJR難波までですが、JR東海の路線は途中の亀山までです。本線とはいえ名古屋を出た時点で単線というローカル線で、並行する近畿日本鉄道名古屋線とは雲泥の差といった感じです。快速「みえ」は途中の四日市で伊勢鉄道に入ってしまいますので、亀山までの列車はほとんどが2両編成のワンマン列車です。この地域では近鉄は幹線、JRはローカル線といった印象で、それを象徴しているのが四日市。近鉄四日市周辺は賑わっていて、さまざまなバスも発着しますが、JR四日市駅周辺は何もなく寂しいです。  2013年2月記
八田駅では近畿日本鉄道、名古屋市営地下鉄と接続。(2017年1月10日 八田) 2017年1月記 211系の亀山行き。(2017年1月10日 八田) 2017年1月記 211系の亀山行き。(2016年4月10日 四日市) 2017年1月記
211系の快速名古屋行き。(2016年4月10日 亀山) 2016年4月記 河原田駅で伊勢鉄道が分岐しますが無人駅でした。(2014年12月25日 河原田) 2016年4月記 313系の亀山行きワンマン列車。(2014年12月25日 河原田) 2016年4月記
313系の亀山行き。築堤の上が分岐する伊勢鉄道線。(2014年12月25日 河原田) 2015年1月記 211系の名古屋行き。この車両は以前東海道本線を運行していた初期のセミクロスシート車両。(2014年12月25日 亀山) 2015年1月記 313系2両を2組連結して4両編成の名古屋行きが終着駅に到着。(2014年12月31日 名古屋) 2015年1月記
313系車内ですが関西本線の313系には転換クロスシート車とボックス席車があり、こちらは転換クロスシートでワンマン運転ではないタイプ。(2009年3月9日) 2013年2月記 313系。関西本線の普通列車はほとんどがこの車両で運転。(2008年12月31日 桑名) 2013年2月記 亀山駅前には大きな鳥居がありました。関西本線はここから先はJR西日本になります。(2008年9月9日 亀山) 2013年2月記
313系。昼間はほとんどの列車が2両編成ワンマン運転です。(2008年9月9日 亀山) 2013年2月記 213系ですが、現在はこの車両は飯田線用となり、関西本線は走らなくなったようです。(2008年9月9日 亀山) 2013年2月記 313系と並んだ213系ですが、現在は213系は飯田線用となり、関西本線は走らなくなったようです。(2008年9月9日 亀山) 2013年2月記
213系ですが、現在はこの車両は飯田線用となり、関西本線は走らなくなったようです。(2008年9月9日 名古屋) 2013年2月記 213系車内ですが、現在はこの車両は飯田線用となり、関西本線は走らなくなったようです。関西本線時代はトイレ無しでした。(2008年9月9日 名古屋) 2013年2月記 313系2両を2組つないで4両編成の名古屋行きです。(2008年8月1日 亀山) 2013年2月記
四日市駅は近鉄四日市とは離れていて、徒歩10分程。JR駅周辺は何もありません。(2008年8月1日 四日市) 2013年2月記 313系ワンマン運転の名古屋行き。本線とはいえ単線です。(2008年8月1日 四日市) 2013年2月記 313系ワンマン車の車内。こちらの車両はボックス席で整理券発行機があります。(2008年8月1日) 2013年2月記