JR東海 御殿場線の旅
御殿場線は忘れられてしまったようなローカル線ではないでしょうか?東京から近い割にJR東海の管轄だということも影響しているような気がします。かなり昔の話になりますが、東海道本線熱海〜函南間の丹那トンネルが開通するまでは、御殿場線が東海道本線の一部だったそうです。現在は軽快な電車であっさり通り過ぎ、東名高速道路なんかも頭上を走っていて、峠越えという雰囲気はありませんが、蒸気機関車時代の御殿場線は箱根越えで大変だったようです。現在の御殿場線は313系電車がほとんどで、朝夕は211系が増結されて助っ人として運転されているようです。相変わらず小田急線からの乗り入れ特急は残っていますが、御殿場止まりで、JR東海の車両は小田急線に乗り入れなくなってしまいました。  2013年1月記
JR東日本231系と並んだ313系。国府津はJR東海の普通列車が見られる最も東。(2012年12月29日 国府津) 2013年1月記 313系ロングシート車の車内。トイレはありますが旅情はなし。(2012年12月29日) 2013年1月記 国府津を出発すると早速左車窓に富士山が見えてきました。(2012年12月29日 国府津〜下蘇我) 2013年1月記
松田駅は小田急電鉄との乗り換え駅ですが、背後に富士山。(2012年12月29日 松田) 2013年1月記 松田駅のホームから見た富士山。やっぱり大きいです。(2012年12月29日 松田) 2013年1月記 松田駅のホームから見た富士山、朝がいいようです。この後30分くらいで雲がかかって見えなくなりました。(2012年12月29日 松田) 2013年1月記
松田駅には小田急線との連絡線があって特急「あさぎり」だけがここを通ります。(2012年12月29日 松田) 2013年1月記 松田駅に停車中の小田急電鉄からの「あさぎり」。乗務員も小田急からJRへ交代。(2012年12月29日 松田) 2013年1月記 松田駅から御殿場線に入り、御殿場へ向かう小田急電鉄「あさぎり」。(2012年12月29日 松田) 2013年1月記
松田駅のホームからは小田急電鉄の新松田駅が見えます。(2012年12月29日 松田) 2013年1月記 313系2両+211系2両で4両編成の沼津行き。朝夕には4両や5両編成も走ります。(2012年12月29日 松田) 2013年1月記 313系と並んだ211系。211系が走るのは朝と夕方のみのようです。(2012年12月29日 御殿場) 2013年1月記
御殿場駅。御殿場線で最も大きい駅になります。(2012年12月29日 御殿場) 2013年1月記 御殿場駅前にはD52が飾られていました。(2012年12月29日 御殿場) 2013年1月記 御殿場駅。D52は現役時代、この御殿場線を走っていたそうです。(2012年12月29日 御殿場) 2013年1月記
313系2両。御殿場線の昼間はほとんどが313系2両編成です。(2012年12月29日 御殿場) 2013年1月記 211系車内。赤い座席のロングシートです。トイレもありませんが211系だけで走ることはないようです。(2012年12月29日) 2013年1月記 313系セミクロスシート車車内。これのほうがローカル線旅情が味わえます。(2012年12月29日) 2013年1月記
313系ワンマン車車内。右上の写真の車両とほとんど変わらないのですが、ワンマン運転車なので整理券発行機があります。(2012年12月29日) 2013年1月記 313系ワンマン車車内には運転席後方に運賃箱があります。(2012年12月29日) 2013年1月記 沼津駅前にはC58の煙室扉と動輪が飾られていました。(2012年12月29日 沼津) 2013年1月記
313系2両。運転席のすぐ上にパンタグラフがあるのがいいですね。通称「前パン」。(2008年7月20日 沼津) 2013年1月記 371系の新宿〜沼津間「あさぎり」ですが、現在は走らなくなりました。(2008年1月28日 小田急電鉄祖師ヶ谷大蔵) 2013年1月記 371系の新宿〜沼津間「あさぎり」ですが、現在は走らなくなりました。(2007年12月15日 小田急電鉄豪徳寺) 2013年1月記