JR四国 瀬戸大橋線の旅
海の上を渡るという世界でも珍しい路線なんだそうです。島伝いにいくつかの橋を渡って本州岡山県と四国香川県を結んでいます。岡山発四国各方面への特急列車も走りますが、それは四国各線の項で紹介します。かつては宇野〜高松間に宇高連絡船が行き来していましたが、現在その役割を担っているのが快速「マリンライナー」です。この列車は2階がグリーン席、1階が指定席の2階建て車両を含む3両はJR四国の車両に、JR西日本の車両を連結して走ります。 2013年12月記
5000系の岡山〜高松間「マリンライナー」の指定席車。1階が普通、2階がグリーン。(2017年12月11日 高松) 2017年12月記  5000系の岡山〜高松間「マリンライナー」。(2017年12月11日 高松) 2017年12月記   5000系の岡山〜高松間「マリンライナー」。(2016年8月3日 坂出) 2017年12月記   
5000系の岡山〜高松間「マリンライナー」。この駅で乗務員交代。(2016年4月9日 児島) 2016年4月記 キクハ32形の高松〜岡山間「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」。(2015年10月4日 予讃線高松) 2013年12月記 キハ185系の高松〜岡山間「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」。(2015年10月4日 予讃線高松) 2013年12月記
5000系の高松〜岡山間「マリンライナー」。(2015年10月4日 予讃線高松) 2013年12月記 キクハ32形の琴平〜岡山間「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」。(2010年7月25日 予讃線多度津) 2013年12月記 キハ185系の琴平〜岡山間「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」。(2010年7月25日 予讃線多度津) 2013年12月記
キクハ32形の高松〜岡山間「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」。(2010年7月26日 予讃線高松) 2013年12月記 キハ185系の高松〜岡山間「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」。(2009年10月18日 JR西日本宇野線大元) 2013年12月記 キクハ32形の琴平〜岡山間「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」。(2009年10月18日 JR西日本宇野線大元) 2013年12月記
5000系の高松〜岡山間「マリンライナー」。高松寄り1両は2階建で2階がグリーン、1階は指定席。(2009年10月18日 JR西日本宇野線大元) 2013年12月記 2000系の高松〜高知間「しまんと」と並んだ113系の岡山行き。(2007年9月4日 宇多津) 2013年12月記 113系の岡山行き。四国の113系は編成毎にカラーが異なります。(2007年9月4日 宇多津) 2013年12月記
5000系の高松〜岡山間「マリンライナー」。JR四国の電車は私鉄電車のような形式名。(2007年9月4日 予讃線高松) 2013年12月記 5000系の高松〜岡山間「マリンライナー」。5000系の2階建て車両はラインの色がいろいろあるようです。左の写真参照。(2007年9月5日 予讃線高松) 2013年12月記 5000系の高松〜岡山間「マリンライナー」。後3両はJR西日本223系。(2007年9月5日 予讃線香西) 2013年12月記