JR西日本 東海道本線の旅
JR西日本部分の東海道本線は米原から神戸までです。といっても実際には神戸が終点になる列車はなく、実質的には東海道本線と山陽本線の境目は姫路辺りといえますね。この区間は列車密度が高いので、新快速以外の快速と普通列車のみを紹介します(新快速は別のページで紹介)。新快速を除いても、快速と普通があり、快速は米原〜姫路間を走り、大阪前後でだけ快速運転となります。大阪近辺も含めて各駅停車となる列車だけロングシートの普通列車で、こちらは京都〜西明石間を走ります。 2013年5月記
321系の尼崎行き。(2016年12月23日 大阪) 2016年12月記 守山駅。(2016年7月22日 守山) 2016年12月記 221系6両の姫路行き。(2016年7月22日 守山) 2016年12月記
EF66の引く貨物列車。(2016年7月22日 守山) 2016年7月記 EF66の引く貨物列車。福山通運の専用列車のようです。(2016年7月22日 守山) 2016年7月記 221系6両の野洲行き。(2016年7月22日 南草津) 2016年7月記
高槻駅の新しいホームはロープ状のホーム柵でした。(2016年3月17日 高槻) 2016年3月記 207系の高槻行きが終着駅に到着。(2016年3月17日 高槻) 2016年3月記 321系の須磨行きと207系の高槻止まり。(2016年3月17日 高槻) 2016年3月記
221系6両の野洲行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 EF200の引く工事用貨物列車。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 223系8両の米原行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記
225系8両の加古川行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 DD51の引く工事用貨物列車。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 221系6両を2組連結して12両編成の野洲行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記
221系6両+223系4両で10両編成の米原行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 223系8両の野洲行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 コンテナ貨物列車が頻繁に行き来します。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記
221系6両の加古川行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 223系8両の野洲行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 221系8両の姫路行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記
EF66の引く貨物列車。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 225系8両の野洲行き。(2016年3月19日 桂川) 2016年3月記 石山駅。右がJR西日本東海道本線、左が京阪電気鉄道石山坂本線。(2016年3月21日 石山) 2016年3月記
京都駅中央改札口付近がリニューアルされたようです。(2015年7月20日 京都) 2015年7月記 223系の大垣行き。(2015年7月25日 大阪) 2015年7月記 221系の米原行き。(2014年12月29日 彦根) 2015年7月記
近江八幡駅では近江鉄道と接続します。(2014年12月30日 近江八幡) 2015年1月記 223系8両の姫路行き。(2014年12月30日 草津) 2015年1月記 山科駅では京阪電気鉄道、京都市営地下鉄と接続。(2014年12月30日 山科) 2014年1月記
221系6両の網干発米原行き。3時間以上走ります。(2012年8月24日 山科) 2013年5月記 225系4両+223系4両で8両編成の普通姫路発野洲行き。(2012年8月24日 山科) 2013年5月記 223系8両の快速野洲発加古川行きが新淀川を渡り切りました。(2012年8月25日 塚本) 2013年5月記
321系。新淀川を渡って塚本へ。バックは梅田の高層ビル。(2012年8月25日 塚本) 2013年5月記 321系。東海道・山陽緩行線では5号車が終日女性専用車。(2012年8月25日 塚本) 2013年5月記 223系8両の快速加古川発野洲行き。(2012年3月26日 塚本) 2013年5月記
205系ですが、205系は東海道本線では使われなくなったようです。(2012年3月27日 塚本) 2013年5月記 207系4両+3両の7両編成。大阪駅はモダンな大屋根で覆われています。(2012年1月9日 大阪) 2013年5月記 JR西日本では、転落事故防止策として、先頭車が中間に入っていてもヘッドライトを点灯しています。(2012年1月9日 大阪) 2013年5月記
221系4両+6両の10両編成。かつてはこの車両が新快速でした。(2011年12月30日 大阪) 2013年5月記 207系の高槻行き。新快速を待ちますが、走る線路が別なので退避ということではありません。(2011年12月30日 大阪) 2013年5月記 321系と並んだ207系。普通列車は上下列車とも、ほとんどが大阪駅で新快速と接続します。(2011年12月30日 大阪) 2013年5月記
221系6両。普通網干行きですが、高槻から快速になります。(2011年3月23日 京都) 2013年5月記 225系8両。最新の225系も普通、快速、新快速に使われています。(2011年3月23日 京都) 2013年5月記 223系新快速と並んだ223系快速。ともに姫路行きです。(2011年3月23日 京都) 2013年5月記
223系8両+4両の12両編成、普通米原行き。新快速と違って空いています。(2011年3月23日 島本) 2013年5月記 島本駅。比較的新しくできた駅で、京都と大阪の府境辺りにあります。(2011年3月23日 島本) 2013年5月記 321系。207系の後継車両ですが、7両単位でばらせません。(2011年3月23日 桂川) 2013年5月記
223系4両+4両の8両編成、普通加古川発米原行き。(2011年3月23日 桂川) 2013年5月記 223系6両編成の普通米原行き。6両編成は新快速には使わない車両です。(2011年3月23日 桂川) 2013年5月記 EF210の引く貨物列車。新快速や北陸行き特急と同じ複々線の通称「列車線」を走ります。(2011年3月23日 桂川) 2013年5月記
207系4両+3両の7両編成、京都行き。207系は東海道本線では普通にのみ使われます。(2011年3月23日 桂川) 2013年5月記 207系4両+3両の7両編成。前パン車。前パンはJR東西線の地下区間で使います。(2011年3月23日 塚本) 2013年5月記 207系4両+3両の7両編成の京都行き。右に見える221系は福知山線からの列車。(2011年3月23日 塚本) 2013年5月記
221系6両+4両の10両編成。東海道本線の221系には4両、6両、8両編成があります。(2011年3月23日 塚本) 2013年5月記 223系4両+4両の8両編成、快速加古川行き。東海道本線の223系には4両、6両、8両編成があります。(2011年3月23日 塚本) 2013年5月記 223系6両の快速野洲行き。野洲には車庫があるので快速も新快速も野洲行きは多くあります。(2011年3月23日 塚本) 2013年5月記
321系の須磨行き。新淀川を渡り切りました。(2011年3月23日 塚本) 2013年5月記 塚本駅。ここのホームにはよく鉄ちゃんがいますが、その鉄ちゃんに向けて「鉄道模型高く買います!安く売ります!」の看板、さすが大阪!(2010年12月29日 塚本) 2013年5月記 321系の前パン車を先頭に。前パンはJR東西線の地下区間で使います。(2010年12月29日 塚本) 2013年5月記
六甲の山並みと207系。この辺りは夜景もきれいです。(2009年8月11日 住吉) 2013年5月記 六甲の山並みを右手に221系が走ります。いかにも神戸といった風景。(2009年8月11日 住吉) 2013年5月記 住吉駅。神戸新交通六甲ライナー乗り換え駅です。(2009年8月11日 住吉) 2013年5月記
JR東日本の189系「ムーンライトながら」と並んだ223系。(2009年7月20日 JR東海東海道本線大垣) 2013年5月記 元町駅。新快速は停まりませんが、中華街最寄りの駅です。(2009年3月19日 元町) 2013年5月記 大津駅は県庁所在地としては地味な駅です。(2009年3月21日 大津) 2013年5月記
彦根駅。駅からまっすぐ行くと彦根城です。(2009年3月21日 彦根) 2013年5月記 223系8両+4両の12両編成、快速野洲発姫路行き。(2008年12月19日 新大阪) 2013年5月記 223系6両の快速米原発姫路行き。(2008年12月19日 新大阪) 2013年5月記
新大阪駅。在来線の上に新幹線が斜めにクロスして乗っかっています。(2008年12月20日 新大阪) 2013年5月記 223系4両+6両の12両編成、快速大垣発姫路行き。(2008年12月21日 新大阪) 2013年5月記 221系6両+6両の12両編成、快速野洲発網干行き。(2008年12月21日 新大阪) 2013年5月記
207系7両。何の変哲もない207系に見えますが、1編成しかない7両固定編成。(2008年12月22日 塚本) 2013年5月記 221系8両の快速上郡発野洲行き。221系では最も長い8両固定編成です。(2008年12月22日 塚本) 2013年5月記 221系6両+223系4両の10両編成。異形式の10両編成。(2008年12月22日 塚本) 2013年5月記
207系3両+4両の7両編成、新三田行き。尼崎から福知山線に入ります。(2008年12月22日 塚本) 2013年5月記 321系の新三田行き。こちらも尼崎から福知山線に入ります。(2008年12月22日 塚本) 2013年5月記 321系西明石行きと並んだ207系高槻行き。(2008年12月22日 塚本) 2013年5月記
321系とすれ違う223系4両+4両の8両編成快速加古川行き。(2008年12月22日 岸辺) 2013年5月記 321系京都行きと並んだ207系新三田行き。(2008年12月22日 岸辺) 2013年5月記 EF210の引く貨物列車。(2008年12月10日 瀬田) 2013年5月記
EF66の引く貨物列車。(2008年12月10日 瀬田) 2013年5月記 223系U@tech技術試験車。昔の宇野線「マリンライナー」。(2008年12月11日 京都) 2013年5月記 221系の6000番台は221系と連結するためでしたが、現在は福知山線で運行しているようです。(2008年12月11日 山科) 2013年5月記
223系6両の普通野洲発加古川行き。(2008年12月12日 山科) 2013年5月記 223系8両。1000番台なのでヘッドライトの形が異なります。(2008年12月12日 山科) 2013年5月記 221系6両の普通野洲発加古川行き。(2008年12月12日 山科) 2013年5月記
221系の普通米原行き。後方の山は紅葉、京都の紅葉は遅いです。(2008年12月12日 山科) 2013年5月記 EF210の引く貨物列車が湖西線117系京都行きと並走します。(2008年12月12日 山科) 2013年5月記 223系U@tech技術試験車が複々線を行きます。(2008年12月12日 桂川) 2013年5月記
207系4両+3両の7両編成の京都行き。(2008年12月13日 桂川) 2013年5月記 221系8両の普通上郡発野洲行き。(2008年12月13日 桂川) 2013年5月記 221系6両+223系4両の10両編成、普通姫路発野洲行き。(2008年12月13日 桂川) 2013年5月記
321系の西明石行き。(2008年12月13日 桂川) 2013年5月記 223系8両の網干行き。網干はこれら車両の車庫のあるところ。(2008年12月13日 桂川) 2013年5月記 EF200の引く貨物列車。(2008年12月13日 桂川) 2013年5月記
321系。(2008年12月13日 岸辺) 2013年5月記 207系3両+4両の7両編成、福知山線新三田行き。(2008年12月13日 岸辺) 2013年5月記 EF66の引く貨物列車。EF66はやっぱりこのデザインです。(2008年12月13日 岸辺) 2013年5月記
223系8両の快速播州赤穂発米原行き。赤穂線からの直通で走行時間4時間以上。(2008年1月13日 元町) 2013年5月記 223系4両+4両の8両編成、快速網干発米原行き。(2008年1月13日 元町) 2013年5月記 207系西明石行きと並んだ223系快速米原行き。(2008年1月13日 元町) 2013年5月記
207系4両+3両の7両編成、京都行き。前パン車両を先頭に。(2008年1月13日 元町) 2013年5月記 321系の京都行き。前パン車両を先頭に。(2008年1月13日 元町) 2013年5月記 EF66の引く貨物列車。(2008年1月13日 元町) 2013年5月記
207系車内。路線図などがドア上ではなく天井にあります。(2008年1月13日) 2013年5月記 JR東海373系「ムーンライトながら」と並んだ221系ですが、現在は双方とも車両が変わりました。(2007年10月3日 JR東海東海道本線大垣) 2013年5月記 三ノ宮駅。阪急電鉄と隣り合っていて、写真にも阪急電車が写っています。(2007年8月19日 三ノ宮) 2013年5月記