JR西日本 山陽本線(神戸〜姫路)の旅
東海道本線と山陽本線の境目は神戸駅ですが、現在の実態はというと神戸駅を起終点にする列車は事実上なく、線名と実態が合っていません。現在の運行体系からすると、およそ姫路辺りが関西圏の列車と、中国地方の列車の境目になるのではないでしょうか。なので山陽本線の紹介も姫路で切らせてもらい、姫路以西は中国地方の項で紹介したいと思います。この間には兵庫駅から出る和田岬支線がありますが、これも山陽本線の一部なんだそうです。明石駅手前では山陽本線は日本標準時の明石天文台の横を走り、姫路駅などに達します。「青春18きっぷ」で旅行をすると、かなりの確率で乗り換えとなるのが姫路駅です。「新快速」などで姫路に到着、乗り換えて山陽本線を岡山方面へとたどるのですが、そんな旅人に人気があるのが姫路駅ホームの立ち食いそばです。日本そばとは一風変わった麺が人気のようです。 2013年7月記
JR西日本ではホームのベンチを線路と垂直にするのがすっかり定着。(2016年3月17日 姫路) 2016年3月記 加古川駅で加古川線と接続。221系の野洲行きと加古川線103系の厄神行き。(2015年7月21日 加古川) 2016年3月記 各駅停車しか停まりませんが、新長田駅では神戸市営地下鉄と接続。(2015年7月21日 新長田) 2016年3月記
姫路駅ホームの立ち食いそばは麺が日本そばというより中華そばのような色で独特です。天ぷらそば300円。(2009年12月27日 姫路) 2013年7月記 姫路駅ホームの立ち食いそばは有名な存在です。(2009年3月22日 姫路) 2013年7月記 姫路駅。以前でいう新幹線口ですが、現在は全路線が高架になったので駅は南北に通り抜けできます。(2009年3月22日 姫路) 2013年7月記
211系が明石天文台の横を駆け抜けます。ここに駅があるのはJRではなく山陽電気鉄道。(2009年3月11日 山陽電気鉄道人丸前) 2013年7月記 山陽電気鉄道の人丸前ホームからは「東経135度子午線」とあります。(2009年3月11日 山陽電気鉄道人丸前) 2013年7月記 明石天文台にはJ.S.T.M(Japan Standard TimeMeridian)とあります 。(2009年3月11日 山陽電気鉄道人丸前) 2013年7月記
山陽本線から和田岬支線が分岐する兵庫駅。(2009年3月12日 兵庫) 2013年7月記 和田岬支線は朝夕のみの運行のため、昼間は改札機が使えません。(2009年3月12日 兵庫) 2013年7月記 103系。大きな高層マンションのたもとにある和田岬線のホーム。(2009年3月12日 兵庫) 2013年7月記
和田岬支線は、この路線専用の103系で運転されます。(2009年3月12日 兵庫) 2013年7月記 和田岬支線の103系。かつての京浜東北線のようです。(2009年3月12日 兵庫) 2013年7月記 和田岬支線の103系は兵庫〜和田岬間のみを運行します。(2009年3月12日 兵庫) 2013年7月記