JR西日本 三江線の旅
三江線は三次と江津を結ぶという路線で、広島県と島根県の山間部を行くローカル線中のローカル線です。江津から乗るにしても三次から乗るにしても通り抜けられる列車の組み合わせは1日3本しかなく、早朝と夕方に偏っているため、景色を楽しむためには、季節を選ばなければなりません。しかし、沿線風景は全線に渡って自然の中で、日本でも有数の未開の地を行く路線ではないでしょうか。比較的新しくできた浜原〜口羽間以外はノロノロ走り、トロッコ列車並みの速度なので車窓もよく眺められます。 2013年9月記
江津駅。三江線はここで山陰本線から枝分かれします。(2015年10月6日 江津) 2015年10月記 江津駅の跨線橋には三江線の写真が飾られていました。(2015年10月6日 江津) 2015年10月記 三江線は全通40周年なんだそうです。(2015年10月6日 江津) 2015年10月記
左に見えるカーブした線路が三江線、右の鉄橋が山陰本線。(2015年10月6日 江津) 2015年10月記 三江線は江の川に沿って上流の山奥へ進みます。(2015年10月6日 江津) 2015年10月記 三江線は江の川に沿って上流の山奥へ進みます。(2015年10月6日 江津) 2015年10月記
キハ120系の三次行きワンマンカー。右は山陰本線。(2015年10月7日 江津) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカー車内。クロスシート部分はわずか。トイレはあります。(2015年10月7日) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 江津本町〜千金) 2015年10月記
キハ120系「神楽」の浜田行きワンマンカー。(2015年10月7日 石見川本) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 石見簗瀬〜明塚) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 石見簗瀬〜明塚) 2015年10月記
キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 石見簗瀬〜明塚) 2015年10月記 キハ120系の浜田行きワンマンカー。(2015年10月7日 浜原) 2015年10月記 キハ120系の浜田行きワンマンカー。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 浜原) 2015年10月記
キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 潮) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 潮〜石見松原) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 石見都賀〜宇都井) 2015年10月記
キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 石見都賀〜宇都井) 2015年10月記 橋の上にある宇都井駅に停車中。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 宇都井) 2015年10月記 橋の上にある宇都井駅。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 宇都井) 2015年10月記
橋の上にある宇都井駅。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 宇都井) 2015年10月記 橋の上にある宇都井駅を出るとすぐ江の川を渡ります。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 宇都井) 2015年10月記 島根・広島県境付近の車窓。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 宇都井) 2015年10月記
島根県走行中に、一旦この駅だけ広島県に入ります。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 伊賀和志) 2015年10月記 広島・島根県境付近の車窓。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 伊賀和志〜口羽) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 口羽〜江平) 2015年10月記
キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 口羽〜江平) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 口羽〜江平) 2015年10月記 作木口駅が島根県最後の駅。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 作木口) 2015年10月記
島根・広島県境付近の車窓。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 作木口〜香淀) 2015年10月記 島根・広島県境付近の車窓。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 作木口〜香淀) 2015年10月記 香淀駅は広島県最初の駅。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 香淀) 2015年10月記
キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 信木) 2015年10月記 キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 船佐〜長谷) 2015年10月記 三江線の駅には駅名とは別のもうひとつの駅名があり、紛らわしいです。キハ120系の三次行きワンマンカーより。(2015年10月7日 長谷) 2015年10月記
キハ120系の三次行きワンマン列車が終着駅に到着。右は芸備線車両。(2015年10月7日 三次) 2015年10月記 キハ120系。(2015年10月7日 三次) 2015年10月記 三次駅が三江線の終着駅。駅が新しくなったようです。(2015年10月7日 三次) 2015年10月記
三次駅。ここで芸備線と三江線が接続します。(2009年10月15日 三次) 2013年9月記 キハ120系。三次駅の三江線乗場はメインのホームから離れた0番線から出発。(2009年10月15日 三次) 2013年9月記 キハ120系は芸備線の車両とはデザインが異なり、山陰本線と同じデザイン。(2009年10月15日 三次) 2013年9月記