JR西日本 桜井線の旅
桜井線は和歌山線の高田から奈良に達する路線で、電化していますが単線の細道です。一般に関西圏のJRは快速列車が充実していて、クロスシートの車両が多いなど、私鉄との競合からサービスレベルが高いのですが、桜井線は例外で、ロングシート車両で運転され、「まほろば線」などという愛称がついていますが、旅情が希薄な路線となっています。近年は列車デザインの単色化で、よりつまらない路線となったように感じます。沿線は近鉄が幅を利かせているエリアで、JRは競合を放棄といった感じです。 2013年8月記
奈良駅が桜井線の始発駅。右は保存してある旧駅舎。(2015年4月6日 奈良) 2015年4月記 奈良駅が桜井線の始発駅で、高架駅です。(2015年4月6日 奈良) 2015年4月記 奈良駅が桜井線の始発駅。奈良らしい造りになっています。(2015年4月6日 奈良) 2015年4月記
105系の和歌山行きワンマン列車は和歌山線に直通します。(2015年4月6日 奈良) 2015年4月記 105系の和歌山線直通和歌山行き車内はつまらないロングシート。(2015年4月6日 奈良) 2015年4月記 105系の奈良行きワンマン列車。(2015年4月6日 櫟本) 2015年4月記
天理駅は高架に桜井線、下階に近畿日本鉄道が発着。(2015年4月6日 天理) 2015年4月記 天理駅前は広い駅前広場で中国を感じさせます。(2015年4月6日 天理) 2015年4月記 1、2番線は団体専用ホーム。(2015年4月6日 天理) 2015年4月記
団体客専用改札口は閉鎖中でした。(2015年4月6日 天理) 2015年4月記 団体列車専用ホームには柵がしてありました。(2015年4月6日 天理) 2015年4月記 昼間の撮影ですが、夜には団体列車ホームに回送列車があるようです。(2015年4月6日 天理) 2015年4月記
桜井線はたった2両編成ですがホームは長編成に対応しています。(2015年4月6日 天理) 2015年4月記 105系の奈良行きワンマン列車。(2015年4月6日 天理) 2015年4月記 とにかく長いホーム、ホーム中央に105系が停まっているのですが見えますでしょうか?(2015年4月6日 天理) 2015年4月記
105系の奈良行きワンマン列車。(2015年4月6日 柳本) 2015年4月記 桜井駅。路線名になっている駅で、近畿日本鉄道と接続。(2015年4月6日 桜井) 2015年4月記 105系の和歌山線直通和歌山行きワンマン列車。(2015年4月6日 桜井) 2015年4月記
105系の奈良行きワンマン列車。(2015年4月6日 桜井) 2015年4月記 105系の奈良行きワンマン列車。(2015年4月6日 桜井) 2015年4月記 高田駅が桜井線の終点、ここで和歌山線と合流。(2015年4月6日 高田) 2015年4月記
105系の奈良行き。奈良駅は高架駅になりました。(2010年7月23日 奈良) 2013年8月記 105系の奈良行き。単線なので主要駅で交換。(2010年7月23日 三輪) 2013年8月記 105系の奈良行き。前のパンタグラフを下げています。(2010年7月23日 畝傍) 2013年8月記
105系の奈良行き。高架になる以前の奈良駅です。(2007年7月31日 奈良) 2013年8月記 105系の桜井行き。当時は地上のホームを発着。(2007年7月31日 奈良) 2013年8月記