JR西日本 おおさか東線の旅
おおさか東線は比較的新しい路線で、城東貨物線を旅客化した路線です。関西本線久宝寺と片町線放出をつないでいますが、最終的には東海道本線も新大阪につながるようで、そうなればバイパス路線として真価が発揮されそうですが、現在は南の部分だけの運転なので、列車は概して空いています。近畿日本鉄道大阪線、奈良線、大阪市営地下鉄と次々に交差しますが、新しい路線なので駅も後からできたわけで、おおさか東線の駅には「JR何々」という駅がたくさんあります。 2013年6月記
放出駅が始発駅。片町線から枝分かれします。(2015年4月6日 放出) 2015年4月記 201系の久宝寺行き。関西本線と同じ車両で、女性専用車も連結。(2015年4月6日 放出) 2015年4月記 201系の放出行き車内。(2015年4月6日) 2015年4月記
201系の放出行き車内。グレーのラインがおおさか東線で、新大阪につながる準備がされているように見えます。(2015年4月6日) 2015年4月記 高井田中央駅で大阪市営地下鉄中央線の高井田駅と接続。(2015年4月6日 高井田中央) 2015年4月記 201系の放出行き。(2015年4月6日 高井田中央) 2015年4月記
201系の久宝寺行き。(2015年4月6日 高井田中央) 2015年4月記 JR河内永和駅では近畿日本鉄道奈良線河内永和駅と接続。(2015年4月6日 JR河内永和) 2015年4月記 201系の放出行き。交差する高架が近畿日本鉄道奈良線。(2015年4月6日 JR河内永和) 2015年4月記
JR俊徳道駅では近畿日本鉄道大阪線俊徳道駅と接続。(2015年4月6日 JR俊徳道) 2015年4月記 橋梁を渡るのが近畿日本鉄道、下の高架がおおさか東線。(2015年4月6日 JR俊徳道) 2015年4月記 201系の放出行き。(2015年4月6日 JR俊徳道) 2015年4月記
おおさか東線車内から見た近畿日本鉄道大阪線。(2015年4月6日 JR俊徳道) 2015年4月記 JR長瀬駅。おおさか東線の駅は「JR」が冠されている駅が多くあります。(2015年4月6日 JR長瀬) 2015年4月記 久宝寺が近付くと関西本線と合流します。(2015年4月6日 久宝寺) 2015年4月記
久宝寺駅がおおさか東線の終点、ここで関西本線と合流。(2015年4月6日 久宝寺) 2015年4月記 201系の放出行き。右の221系は関西本線で同じホームで接続。(2015年4月6日 久宝寺) 2015年4月記 201系の久宝寺行きと片町線321系。(2008年9月4日 放出) 2013年6月記
201系の放出行き。(2008年9月4日 久宝寺) 2013年6月記