JR西日本 奈良線の旅
奈良線は京都から奈良までの路線ですが、正確には奈良の2駅手前の木津駅で関西本線に合流しています。これでは「奈良線」が奈良駅を通らないことになってしまうような気もしますが、奈良線に木津が起終点の列車はなく、実質的には奈良が終点となります。優等列車の運行はなく、普通、快速、「みやこ路快速」の3種の列車だけで、車種も103系と221系のみが運行しています。この地域は近鉄のほうが強く、JRは影が薄いという気がします。 2013年6月記
221系4両の奈良行き。(2020年11月5日 宇治) 2020年11月記   205系の京都行きに乗って稲荷へ向かいます。(2020年11月5日 宇治) 2020年11月記    205系の京都行きに乗って稲荷へ向かいますが、221系の快速が先発です。(2020年11月5日 宇治) 2020年11月記   
205系の京都行きに乗って稲荷へ向かいます。(2020年11月5日 宇治) 2020年11月記     205系の京都行き車内。宇治から稲荷へ向かっています。(2020年11月5日) 2020年11月記     稲荷駅は何となく神社風。(2020年11月5日 稲荷) 2020年11月記    
103系の奈良行き。(2020年11月5日 稲荷) 2020年11月記      205系の奈良行きに乗って東福寺へ向かいます。(2020年11月6日 京都) 2020年11月記      205系の奈良行きに乗って東福寺へ向かいます。(2020年11月6日 京都) 2020年11月記      
205系の奈良行き。(2018年7月27日 京都) 2018年8月記  103系の三輪行きと683系の大阪〜金沢間「サンダーバード」。(2017年7月25日 京都) 2018年8月記   旧奈良駅と、奥が高架の現在の奈良駅。(2015年4月6日 関西本線奈良) 2018年8月記  
221系6両の京都〜奈良間「みやこ路快速」。「みやこ路快速」は4両と6両のがあります。(2010年7月23日 関西本線奈良) 2013年6月記 奈良線の始発京都駅。異様な雰囲気の駅正面です。(2009年10月11日 京都) 2013年6月記 奈良線の始発京都駅内部。古都のイメージと違うような気がします。(2009年10月11日 京都) 2013年6月記
103系と221系、奈良線はこの2形式だけで運行します。(2009年3月18日 京都) 2013年6月記 宇治駅。京阪電気鉄道の宇治駅からはかなり離れています。(2008年12月23日 宇治) 2013年6月記 221系4両の京都〜奈良間「みやこ路快速」が宇治川を渡ります。(2008年12月23日 宇治) 2013年6月記
103系の城陽発奈良行きが宇治川を渡ります。(2008年12月23日 宇治) 2013年6月記 東福寺で京阪電気鉄道と接続します。それにしても小さな駅です。(2008年12月11日 東福寺) 2013年6月記 103系の京都発奈良行き。(2008年12月11日 東福寺) 2013年6月記
103系。京都駅では最も新幹線に近いホームから出ます。(2007年7月29日 京都) 2013年6月記 旧奈良駅の駅舎は現在の奈良駅の横に保存されています。(2007年7月31日 関西本線奈良) 2013年6月記 221系4両の京都〜奈良間「みやこ路快速」。現在は高架の駅に変わりました。(2007年7月31日 関西本線奈良) 2013年6月記
六地蔵駅では京都市営地下鉄東西線と接続。(2004年12月20日 六地蔵) 2020年5月記  221系4両を2組連結して8両編成の京都〜奈良間「みやこ路快速」。(2004年9月6日 関西本線奈良) 2020年6月記