JR西日本 姫新線の旅
姫新線はその名の通り姫路と新見を結ぶ路線、中国地方中部を横に貫く路線で、国鉄時代は大阪発新見行きの急行「みまさか」が行き来していましたが、現在は普通列車が僅かに走るだけ、その普通列車もぶつ切り状態の短区間の列車ばかりになってしまいました。姫路側では、新快速電車に似たディーゼルカーが運行されますが、山間の区間はレールバス然とした車両のワンマン運転がほとんどです。忘れ去られたローカル線といった雰囲気になってしまいました。 2013年8月記
キハ120系の津山行きワンマンカーと伯備線115系の和気行き。(2016年8月2日 新見) 2016年8月記 キハ120系の津山行きワンマンカー。(2016年8月2日 新見) 2016年8月記 キハ120系の津山行きワンマンカー。(2016年8月2日 新見) 2016年8月記
キハ127系の播磨新宮行き。(2015年9月10日 姫路) 2015年9月記 キハ127系の播磨新宮行き。223系電車に似た顔のディーゼルカー。(2012年3月26日 姫路) 2013年8月記 キハ120系の津山行きが伯備線の213系と並びました。(2012年8月26日 新見) 2013年8月記
キハ120系。津山に車庫があり、ここから出庫。(2009年8月26日 津山) 2013年8月記 キハ120系の津山行きが終着駅に到着です。姫新線の佐用以西はキハ120系で運転。(2009年8月26日 津山) 2013年8月記 キハ120系の新見行き。単行のワンマンカーです。(2009年8月26日 津山) 2013年8月記
キハ120系。津山を境に佐用方面の列車と新見方面の列車が別になります。(2009年8月26日 津山) 2013年8月記 キハ120系の津山行き。山の中の駅で交換。(2009年8月26日 久世) 2013年8月記 キハ127系車内。転換クロスシートに車椅子トイレ。(2009年3月22日) 2013年8月記
キハ127系。姫新線はトンボのデザインのようです。(2009年3月22日 姫路) 2013年8月記 キハ127系。姫新線の姫路口は新型ディーゼルカーで運転。(2009年3月22日 播磨高岡) 2013年8月記 キハ40系。姫路駅がまだ地上だった頃で、車両もキハ40系でした。(2007年10月3日 姫路) 2013年8月記
キハ120系の佐用行き。姫新線に通しの列車はなく、佐用と津山でぶつ切り状態。(2009年8月18日 津山) 2013年8月記 キハ120系の美作江見行き。これは佐用までもいかない短区間の列車。(2009年8月18日 津山) 2013年8月記 キハ120系の中国勝山行き。こちらも新見までもいかない短区間の列車。(2009年8月18日 津山) 2013年8月記
キハ120系の佐用行き。下り列車の待ち合わせ。(2009年8月18日 勝間田) 2013年8月記 キハ120系の津山行きがやってきました。単線ならではの光景。(2009年8月18日 勝間田) 2013年8月記 キハ120系同士の交換。上りも下りもキハ120系単行ワンマンカー。(2009年8月18日 勝間田) 2013年8月記
第三セクター智頭急行が交差する佐用駅。ジャンクションのはずですが寂しい駅。(2009年8月18日 佐用) 2013年8月記 佐用を境に西はキハ120系のレールバス。東は大型車両で運転。(2009年8月18日 佐用) 2013年8月記 キハ40系車内。ボックス席中心のセミクロスシート。(2009年8月18日 勝間田) 2013年8月記