JR西日本 紀勢本線の旅
紀勢本線はその名の通り紀伊(和歌山)と伊勢(三重)を結ぶ路線ですが、国鉄からJRに分割された際、新宮を境に東はJR東海、西がJR西日本の管轄になり、JR西日本の管轄範囲でいえば和歌山県内の路線になってしまいました。国鉄時代は名古屋発天王寺行きのキハ81系特急「くろしお」もありましたが、現在は紀勢本線としての一体感は感じられません。さらに、普通列車でたどると、御坊と紀伊田辺で列車は分断されていて、ズタズタといった雰囲気です。紀伊田辺〜新宮間は、黒潮踊る太平洋に沿う美しい車窓の区間ですが、普通列車はすべてロングシートの105系2両編成で、車窓を楽しむといった雰囲気ではありません。紀勢本線のローカルな旅は、地図で想像するような旅は望めないと記しておきましょう。 2013年8月記
289系の新大阪〜白浜間「くろしお」。この車両は元683系「しらさぎ」。(2016年3月18日 大阪環状線野田) 2016年3月記 287系の新大阪〜新宮間「くろしお」。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記 御坊駅のホームからは風力発電のプロペラがたくさん見えました。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記
289系の新大阪〜白浜間「くろしお」。この車両は元683系「しらさぎ」。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記 225系の和歌山行きと289系の新大阪〜白浜間「くろしお」。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記 225系の和歌山行きと113系2両の紀伊田辺行き。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記
113系2両の紀伊田辺行き。この車両は両端とも先頭車化改造車。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記 225系の和歌山行き。菜の花が咲いていました。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記 287系の京都〜白浜間「くろしお」。(2016年3月21日 御坊) 2016年3月記
117系の紀伊田辺行き(この日は台風被害により箕島行き)。(2015年7月21日 和歌山) 2015年7月記 117系の紀伊田辺行き車内(この日は台風被害により箕島行き)。(2015年7月21日) 2015年7月記 223系の海南行き。(2015年7月22日 和歌山) 2015年7月記
117系の湯浅行き(この日は台風被害により箕島行き)。(2015年7月22日 和歌山) 2015年7月記 117系の紀伊田辺行き(この日は台風被害により箕島行き)。(2015年7月22日 和歌山) 2015年7月記 113系の紀伊田辺行き。(2015年4月7日 和歌山) 2015年7月記
225系の和歌山行き。(2015年4月7日 御坊) 2015年4月記 287系3両+6両で9両編成の京都〜白浜間「くろしお」。(2015年4月7日 御坊) 2015年4月記 105系の新宮行きから眺めた太平洋。この日はどんより。(2015年4月7日 切目〜岩代) 2015年4月記
113系の先頭車化改造車。(2015年4月7日 紀伊田辺) 2015年4月記 113系の先頭車化改造車と225系。(2015年4月7日 紀伊田辺) 2015年4月記 105系の紀伊田辺行きが終着駅に到着。まだ帯の残っている車両。(2015年4月7日 紀伊田辺) 2015年4月記
287系6両の新大阪〜白浜間「くろしお」。(2015年4月7日 白浜) 2015年4月記 105系の新宮行き。(2015年4月7日 白浜) 2015年4月記 105系の紀伊田辺行き。(2015年4月7日 白浜) 2015年4月記
白浜温泉の歓迎文字は日本語、英語、中国語は簡体字と繁体字、韓国語、さらにタイ語も。(2015年4月7日 白浜) 2015年4月記 白浜温泉の歓迎文字は日本語、英語、中国語は簡体字と繁体字、韓国語、さらにタイ語も。(2015年4月7日 白浜) 2015年4月記 白浜で人気なのは現在はアドベンチャーワールドのパンダ。(2015年4月7日 白浜) 2015年4月記
287系3両+6両で9両編成の新大阪〜白浜間「くろしお」。(2012年3月27日 大阪環状線野田) 2013年8月記 287系6両+3両で9両編成の新大阪〜白浜間「くろしお」。(2012年3月27日 大阪環状線大正) 2013年8月記 223系の「新快速」と並んだ381系の京都〜白浜間「くろしお」。(2011年3月23日 東海道本線京都) 2013年8月記
381系の京都〜白浜間「くろしお」。「パンダ列車」なんだそうです。(2011年3月23日 東海道本線京都) 2013年8月記 381系の京都〜白浜間「くろしお」。「パンダ列車」車内。(2011年3月23日) 2013年8月記 381系の京都〜白浜間「くろしお」。「パンダ列車」車内。(2011年3月23日) 2013年8月記
381系の京都〜白浜間「くろしお」の「パンダ列車」。人気のようです。(2011年3月23日 京都) 2013年8月記 381系の新大阪〜白浜間「くろしお」。381系は日本初の振子式車両でした。(2009年1月6日 阪和線紀伊) 2013年8月記 和歌山線の105系と並んだ紀勢本線113系4両の御坊行き。(2009年1月6日 和歌山) 2013年8月記
381系の京都〜新宮間「スーパーくろしお」。「スーパー」と付くと片側がパノラマグリーン車でしたが、現在は「くろしお」に統一されました。(2009年1月6日 箕島) 2013年8月記 113系4両の御坊行きが381系の京都〜新宮間「スーパーくろしお」に道を譲ります。(2009年1月6日 箕島) 2013年8月記 御坊駅では紀州鉄道に接続します。御坊は街はずれに駅があります。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記
113系4両の和歌山行き。紀州鉄道のレールバスは0番線から出発。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 381系の新大阪〜白浜間「くろしお」。残り少ない国鉄型特急。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 113系4両の和歌山行きと並んだ381系の新大阪〜白浜間「くろしお」。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記
113系4両の御坊行きが終点に到着。いわゆる阪和線色。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 113系2両の御坊行きが終点に到着。ワンマン運転で両端とも改造先頭車。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 381系の新大阪〜新宮間「スーパーくろしお」。クーラーが床下なのでスマートに見えます。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記
左から新大阪行き「スーパーくろしお」、和歌山行き、紀伊田辺行き。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 117系の御坊行きが終点に到着。初代「新快速」専用車両でした。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 ホームから見た景色。山の上には風力発電の風車がたくさん。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記
113系2両の車内。ワンマン運転、セミクロスシート、トイレ付き。(2009年1月6日) 2013年8月記 113系より。太平洋に沿って進みます。この辺りは複線。(2009年1月6日 切目〜岩代) 2013年8月記 普通列車の旅では必ず紀伊田辺駅で乗り換えになります。(2009年1月6日 紀伊田辺) 2013年8月記
105系の紀伊田辺行きが終着駅に到着。和歌山線などと同じだったデザイン。(2009年1月6日 紀伊田辺) 2013年8月記 105系の紀伊田辺行きが終着駅に到着。紀勢本線用のデザイン。(2009年1月6日 御坊) 2013年8月記 105系の新宮行き。「くろしお」などと同じ色を使っています。(2009年1月6日 紀伊新庄) 2013年8月記
白浜駅は白浜温泉への玄関口ですが、温泉街と駅は離れています。(2009年1月6日 白浜) 2013年8月記 113系4両の和歌山行き。いわゆるJR西日本カラー。(2009年1月8日 白浜) 2013年8月記 105系の新宮行き。費用地元負担でトイレが設置されました。(2009年1月8日 白浜) 2013年8月記
105系の新宮行き車内。車窓の美しい区間ですがロングシートで旅情希薄。(2009年1月8日) 2013年8月記 283系「オーシャンアロー」の新大阪〜新宮間「くろしお」。(2009年1月8日 紀伊富田) 2013年8月記 105系の新宮行き。新宮〜紀伊田辺間は2両の105系。(2009年1月8日 周参見) 2013年8月記
105系の新宮行き。紀勢本線の車窓は海岸沿いだったり山の中だったりの繰り返し。(2009年1月8日 周参見) 2013年8月記 105系の新宮行き。しばし休憩。(2009年1月8日 周参見) 2013年8月記 105系の新宮行きより。山の中を走ったかと思うと海岸沿いに出ます。(2009年1月8日 見老津〜江住) 2013年8月記
381系の新大阪〜新宮間「スーパーくろしお」。(2009年1月8日 紀伊有田) 2013年8月記 105系の新宮行きより。車窓はいいですがロングシートじゃその景色も見にくいです。(2009年1月8日 紀伊田原〜紀伊浦神) 2013年8月記 381系の新大阪〜新宮間「スーパーくろしお」。(2009年1月8日 三輪崎) 2013年8月記
105系の新宮行きより。(2009年1月8日 三輪崎〜新宮) 2013年8月記 105系の串本行き。(2009年1月8日 新宮) 2013年8月記 105系の串本行き。(2009年1月8日 新宮) 2013年8月記
南国の雰囲気の新宮駅。ここがJR東海とJR西日本の境界駅。(2009年1月8日 新宮) 2013年8月記 105系より。(2009年1月8日 三輪崎〜新宮) 2013年8月記 283系「オーシャンアロー」の新大阪〜新宮間「くろしお」。(2009年1月8日 紀伊天満) 2013年8月記
紀伊勝浦駅は勝浦温泉への玄関口(右の建物が駅)。(2009年1月8日 紀伊勝浦) 2013年8月記 紀伊勝浦駅前には足湯がありました。(2009年1月8日 紀伊勝浦) 2013年8月記 紀伊勝浦駅前には足湯がありました。(2009年1月8日 紀伊勝浦) 2013年8月記
JR東海の名古屋行き特急「南紀」と並んだJR西日本の105系。(2009年1月8日 紀伊勝浦) 2013年8月記 105系の紀伊田辺行きが283系「オーシャンアロー」の通過待ち。(2009年1月8日 古座) 2013年8月記 本州最南端の串本駅。(2009年1月8日 串本) 2013年8月記
105系の紀伊田辺行きが381系「スーパーくろしお」に道を譲ります。(2009年1月8日 串本) 2013年8月記 283系「オーシャンアロー」の新大阪〜新宮間「くろしお」。(2009年1月9日 御坊) 2013年8月記 381系の新大阪〜新宮間「くろしお」。(2009年1月9日 御坊) 2013年8月記
113系4両の御坊行きが終着駅に到着。JR西日本カラーと阪和線カラーの混結。(2009年1月9日 御坊) 2013年8月記 113系4両の車内。登場時のままのセミクロスシート。(2008年12月20日) 2013年8月記 283系「オーシャンアロー」の京都〜新宮間「くろしお」。(2008年12月13日 東海道本線岸辺) 2013年8月記
381系の京都〜白浜間「スーパーくろしお」。(2008年12月13日 東海道本線桂川) 2013年8月記 283系「オーシャンアロー」の京都〜新宮間「くろしお」。(2008年12月13日 東海道本線桂川) 2013年8月記 381系の新大阪〜白浜間「くろしお」。(2008年9月2日 大阪環状線大正) 2013年8月記
381系の新大阪〜新宮間「スーパーくろしお」が木津川を渡ります。(2008年9月2日 大阪環状線大正) 2013年8月記 381系の京都〜白浜間「くろしお」。ここから紀勢本線に入ります。(2007年10月3日 和歌山) 2013年8月記 113系4両の御坊行き。湘南色と山陽本線色の混結。(2007年10月3日 和歌山) 2013年8月記
和歌山線105系の粉河行きと並んだ113系4両の御坊行き。(2007年10月3日 和歌山) 2013年8月記 105系の和歌山〜和歌山市間のシャトル列車。この間も紀勢本線ですが、車両は和歌山線と共通。(2007年10月3日 和歌山市) 2013年8月記 105系の和歌山〜和歌山市間のシャトル列車車内。1駅だけの列車です。(2007年10月3日) 2013年8月記
381系の新大阪〜新宮間「スーパーくろしお」。パノラマグリーン車を先頭に。(2007年7月30日 阪和線南田辺) 2013年8月記 113系の御坊行きに乗車します。(2007年4月6日 和歌山) 2017年10月記 113系の御坊行き。ここで「くろしお」に抜かれます。(2007年4月6日 紀伊由良) 2017年10月記
381系の「くろしお」。(2007年4月6日 紀伊由良) 2017年10月記  113系の和歌山行きが「くろしお」に抜かれます。(2007年4月6日) 2017年10月記  381系の「スーパーくろしお」。(2007年4月6日 和歌山) 2017年10月記 
381系の「くろしお」。(2007年4月7日 阪和線天王寺) 2017年10月記   381系の「くろしお」。(2007年4月8日 東海道本線岸辺) 2017年10月記    381系の「スーパーくろしお」。(2007年4月8日 東海道本線岸辺) 2017年10月記