JR西日本 加古川線の旅
加古川線は山陽本線加古川と福知山線谷川を結ぶ路線で、電化はされましたが全線単線のローカル線で、とくに西脇市〜谷川間は全列車単行のワンマン列車です。どちらかというと地味な存在で、沿線に有名観光地などはなく、クロスシートで俊足の快速が多い関西地区において、加古川線は加古川口を中心にロングシートの車両が多く使われているため、旅情も希薄な路線といっていいでしょう。 2013年7月記
103系のラッピング車両。芸術家の横尾忠則氏が沿線の西脇市出身ということでのデザインだそうですが、けばけばしいだけにしか見えません。(2009年8月8日 加古川) 2013年7月記 103系のラッピング車両。(2009年8月8日 粟生) 2013年7月記 103系と交換する125系。103系は2両、125系は1両単位でほとんどが単行。(2009年8月8日 粟生) 2013年7月記
粟生では神戸電鉄と第三セクター北条鉄道が接続します。(2009年8月11日 粟生) 2013年7月記 125系だとセミクロスシート、103系はロングシートです。(2009年8月11日 粟生) 2013年7月記 103系と並んだ125系。103系のラッピング車両は複数のデザインがあるようです。(2009年8月11日 粟生) 2013年7月記
加古川線の起点となる山陽本線加古川駅。加古川線に乗る場合、乗り換え通路に改札があります。(2009年8月14日 加古川) 2013年7月記 103系と125系。すべての列車は西脇市で乗り換えになります。(2009年8月14日 西脇市) 2013年7月記 103系と125系。西脇市以南は103系か125系、西脇市以北は125系の単行のみです。(2009年8月14日 西脇市) 2013年7月記
西脇市を過ぎると列車本数が減り、かなりローカルな区間となります。(2009年8月14日 西脇市) 2013年7月記 125系。終点の谷川で福知山線と合流しますが、加古川線のホームは決まっていて、福知山線には直通しません。(2009年8月14日 谷川) 2013年7月記 125系。終点の谷川は山の中のひっそりとした駅でした。(2009年8月14日 谷川) 2013年7月記
103系の加古川行きワンマン列車が終着駅に到着。折り返し西脇市行きに乗って厄神へ向かいます。(2005年12月24日 加古川) 2020年4月記  103系の西脇市行きワンマン列車に乗って加古川から厄神へ到着。125系の加古川行きワンマンカーと行き違い。(2005年12月24日 厄神) 2020年4月記   103系の西脇市行きワンマン列車に乗って加古川から厄神へ到着。125系の加古川行きワンマンカーと行き違い。奥には今はなき第三セクター三木鉄道が待っています。(2005年12月24日 厄神) 2020年4月記   
125系の加古川行きワンマンカー。(2005年12月24日 厄神) 2020年4月記    103系を2組連結して4両編成の加古川行きが終着駅に到着。(2004年12月22日 加古川) 2020年6月記    103系の厄神行きに乗ります。(2004年12月22日 加古川) 2020年6月記    
103系の西脇市行きと加古川行き。(2004年12月22日 厄神) 2020年6月記      103系の加古川行き。(2004年12月22日 厄神) 2020年6月記       103系の西脇市行きが終着駅に到着。(2004年12月22日 西脇市) 2020年6月記      
125系の谷川行きに乗ります。(2004年12月22日 西脇市) 2020年6月記        125系の谷川行き車内。西脇市から谷川へ向かっています。(2004年12月22日) 2020年6月記