JR西日本 因美線の旅
因美線は因幡(鳥取県東部)と美作(岡山県北部)を結ぶという意味で、かつては大阪発鳥取行き急行「みささ」や岡山発鳥取行き急行「砂丘」の通り道でしたが、その役目は第三セクター智頭急行に変わり、山陰の山の中を行くローカル線になってしまいました。その智頭急行との接点となる智頭を境に運行する車両が変わり、津山側はレールバス風のキハ120系が多く、鳥取側はキハ40系が多くなります。また鳥取側はJR車両とは限らず、智頭急行の車両や若桜鉄道の車両で運行する列車も多くなっています。 2013年8月記
キハ40系の鳥取行きが終着駅に到着。朝は4両編成も運行。(2015年9月5日 鳥取) 2015年9月記 キハ187系の岡山〜鳥取間「スーパーいなば」。(2015年9月5日 鳥取) 2015年9月記 水田の中を行きます。(2015年9月5日 川原〜郡家) 2015年9月記
中国山地が迫ってきました。(2015年9月5日 因幡社〜用瀬) 2015年9月記 鳥取自動車道をくぐります。(2015年9月5日 智頭〜因幡社) 2015年9月記 智頭駅で第三セクター智頭急行が分岐、「すぎのまち」だそうです。(2015年9月5日 智頭) 2015年9月記
キハ187系の岡山〜鳥取間「スーパーいなば」。(2015年9月5日 智頭) 2015年9月記 キハ120系の智頭行きが終着駅に到着。(2015年9月5日 智頭) 2015年9月記 キハ120系の津山行き車内。(2015年9月5日) 2015年9月記
キハ120系の津山行き車内より。(2015年9月5日 那岐〜土師) 2015年9月記 岡山・鳥取の県境付近。キハ120系の津山行き車内より。(2015年9月5日 美作河井〜那岐) 2015年9月記 キハ120系の津山行き車内より。(2015年9月5日 美作滝尾〜三浦) 2015年9月記
キハ120系の津山行き。(2015年9月5日 東津山) 2015年9月記 東津山駅。因美線の列車は津山が始発ですが、姫新線と分岐するのは東津山駅。(2015年9月5日 東津山) 2015年9月記 東津山駅。(2015年9月5日 東津山) 2015年9月記
東津山駅ホームからの眺め。右へ行くと姫新線姫路方面、左へ行くと因美線鳥取方面。(2015年9月5日 東津山) 2015年9月記 北の終点は鳥取駅。近代的な高架駅で旅情希薄。(2007年8月17日 鳥取) 2013年8月記 キハ187系の岡山〜鳥取間「スーパーいなば」。(2009年8月17日 鳥取) 2013年8月記
郡家駅では第三セクター若桜鉄道が接続します。(2009年8月17日 郡家) 2013年8月記 智頭駅。ここでは第三セクター智頭急行が接続します。(2009年8月18日 智頭) 2013年8月記 キハ40系。因美線の鳥取側は山陰本線と同じキハ40系で運転。(2009年8月18日 智頭) 2013年8月記
キハ120系。因美線の津山側はレールバス然としたキハ120系で運転。(2009年8月18日 智頭) 2013年8月記 キハ120系車内。セミクロスシートですがボックス席は僅かに4つ。(2009年8月18日) 2013年8月記