JR九州 篠栗線の旅
篠栗線は鹿児島本線吉塚から筑豊本線桂川までの単線電化の路線です。篠栗は「しのぐり」ではなく「ささぐり」と読みます。しかし「篠栗線」と呼ばれることは少なく、列車は博多から篠栗線、筑豊本線を通って直方方面へ行き、このラインは通称「福北ゆたか線」と呼ぶようになりました。福岡に近いので通勤路線となっていますが、途中に山があり、長いトンネルがあり、意外に山の中でした。 2014年1月記
長者原駅で香椎線と交差します。(2015年12月15日 長者原) 2015年12月記 817系2両を2組連結して4両編成の直方行き。(2015年12月15日 長者原) 2015年12月記 817系の直方行き車内。(2015年12月15日) 2015年12月記
筑前山手駅より。(2015年12月15日 筑前山手) 2015年12月記 筑前山手駅より。(2015年12月15日 筑前山手) 2015年12月記 817系の博多行き。(2015年12月15日 筑前大分) 2015年12月記
桂川駅。ここで筑豊本線から篠栗線が枝分かれします。(2015年12月15日 桂川) 2015年12月記 813系の博多行き。(2015年12月15日 桂川) 2015年12月記 813系の博多行きが筑豊本線の線路から篠栗線へと入っていきます。(2015年12月15日 桂川) 2015年12月記
ホームより。(2015年12月15日 桂川) 2015年12月記 813系の直方行き。(2015年12月15日 桂川) 2015年12月記 線名になっている篠栗の駅。(2015年12月15日 篠栗) 2015年12月記
817系の博多行きが終着駅に到着。(2015年10月10日 鹿児島本線博多) 2015年12月記 817系ロングシート車の博多行きが終着駅に到着。ロングシート車両は白く塗装されています。(2012年3月24日 鹿児島本線博多) 2014年1月記 817系クロスシート車の博多行き。クロスシート車両はアルミ地肌。(2011年8月30日 吉塚) 2014年1月記
篠栗線813系の篠栗行き。前面の黒い813系は福北ゆたか線専用。(2011年8月30日 吉塚) 2014年1月記 吉塚駅が起点。ここで鹿児島本線から枝分かれします。(2011年8月30日 吉塚) 2014年1月記