JR九州 指宿枕崎線の旅
指宿枕崎線は鹿児島中央から指宿を通って枕崎までの非電化単線の盲腸ローカル線です。指宿までは観光特急「指宿のたまて箱」、やはり観光兼地元の足となる「なのはなDX」、山川までは「なのはな」が運行しています。山川から先はローカル列車のみになり、ローカル度が増します。日本最南のJR路線で、山川駅は有人駅では最南、無人駅を含めると少し先の西大山が最南の駅になります。かつては終点の枕崎から鹿児島交通の私鉄のローカル線があり、薩摩半島を鉄道で一周できたのですが、現在の鉄道は枕崎で終わりです。 2014年4月記
キハ40系。キハ47の2両編成。(2011年3月26日 鹿児島中央) 2014年4月記 キハ40系の鹿児島中央〜指宿間「指宿のたまて箱」。(2011年3月26日 鹿児島中央) 2014年4月記 キハ200系の鹿児島中央〜山川間「なのはな」。(2010年8月29日 谷山) 2014年4月記
キハ200系の鹿児島中央〜指宿間「なのはなDX」指定席車内。(2010年8月29日) 2014年4月記 キハ200系の鹿児島中央〜指宿間「なのはなDX」指定席車内にある展望スペース。(2010年8月29日) 2014年4月記 キハ200系の鹿児島中央〜指宿間「なのはなDX」。一番鹿児島中央寄りが指定席車両。(2010年8月29日 坂之上) 2014年4月記
キハ200系の鹿児島中央〜山川間「なのはな」。(2010年1月7日 鹿児島中央) 2014年4月記 キハ200系の鹿児島中央〜指宿間「なのはなDX」。(2010年1月7日 鹿児島中央) 2014年4月記 キハ200系の鹿児島中央〜指宿間「なのはなDX」。展望席部分の縦長の窓が見えます。(2010年1月7日 鹿児島中央) 2014年4月記
キハ40系ワンマン列車と鹿児島本線415系の川内行き。(2010年1月7日 鹿児島中央) 2014年4月記 キハ200系の鹿児島中央〜指宿間「なのはなDX」。(2010年1月9日 五位野) 2014年4月記 キハ40系の山川行きより。東シナ海に続く海が見えてきました。(2010年1月9日 指宿〜山川) 2014年4月記
山川駅はすぐ裏が崖の立地にありました。(2010年1月9日 山川) 2014年4月記 山川駅はJRで日本最南端の有人駅。無人駅を含めると西大山が最南の駅。(2010年1月9日 山川) 2014年4月記 山川駅の前はすぐ東シナ海でした。(2010年1月9日 山川) 2014年4月記