JR北海道 根室本線の旅
根室本線は、函館本線滝川から根室までの長い路線で、北海道らしい雄大な車窓が楽しめる路線です。本線といっても特急列車が頻繁に走るのは新得〜釧路間のみで、そのほかの区間は純然たるローカル線、新得〜釧路間も普通列車はワンマンカーの運転で、高校の登下校時以外の車内は閑散としています。以前、石勝線が開通するまでは、帯広や釧路に行く特急も滝川から根室本線を通り、富良野を経て狩勝峠を越えていましたが、石勝線開通以降は滝川〜新得間は列車本数の少ない区間となりました。また、釧路〜根室間は、単行のディーゼルカーが走るだけの路線で、侘しさが漂っているような区間です。沿線人口が少なく、駅間距離が長く、夏でも寒く、霧も多いので、ディーゼルカーは、走っても走っても自然だけの景色をひたすら走るという感じです。 2014年6月記
キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」。(2016年9月3日 富良野) 2016年9月記 キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」。(2016年9月3日 富良野) 2016年9月記 キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」車内。(2016年9月3日) 2016年9月記
キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」車内。展望部分は立入禁止の無駄なスペース。(2016年9月3日) 2016年9月記 キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」車内。(2016年9月3日) 2016年9月記 キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」車内。(2016年9月3日) 2016年9月記
キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」車内。(2016年9月3日) 2016年9月記 キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」車内。(2016年9月3日) 2016年9月記 キハ183系の「クリスタルエクスプレス」で運行の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」車内。利用者はおもに中国人。(2016年9月3日) 2016年9月記
キハ54系の根室行きワンマンカーより。(2016年7月3日 門静〜厚岸) 2016年7月記 キハ54系の根室行きワンマンカーより。(2016年7月3日 厚岸〜糸魚沢) 2016年7月記 キハ54系の根室行きワンマンカーより。(2016年7月3日 厚岸〜糸魚沢) 2016年7月記
厚床駅。(2016年7月3日 厚床) 2016年7月記 キハ54系の釧路行きワンマンカー車内。この車両は転換クロスシート。(2016年7月3日) 2016年7月記 キハ54系の釧路行きワンマンカー車内。転換クロスシートを回そうとする人が多く、方向の変えかたが記してあります。(2016年7月3日) 2016年7月記
キハ40系。滝川駅は根室本線の始発駅。(2015年11月7日) 2016年7月記 キハ40系の新得行き、後方は池田行きで、同じホームから両方向の列車が出ます。(2015年11月8日 帯広) 2016年7月記 特急列車の時刻表は4カ国語用意されていました。(2015年11月8日 帯広) 2016年7月記
キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」。(2012年9月10日 釧路) 2014年6月記 キハ54系の釧路行き。(2012年9月10日 厚岸) 2014年6月記 キハ54系の釧路行き。(2012年9月10日 厚岸) 2014年6月記
キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。(2012年9月10日 厚岸〜糸魚沢) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。(2012年9月10日 厚岸〜糸魚沢) 2014年6月記 厚床駅。ここから根室交通の路線バスで中標津空港行きのバスに乗れます。(2012年9月10日 厚床) 2014年6月記
厚床駅は、以前あった標津線の分岐駅でした。(2012年9月10日 厚床) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」。(2012年9月10日 厚床) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「ノサップ」。(2012年9月10日 茶内) 2014年6月記
キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。(2012年9月10日 厚岸〜糸魚沢) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。(2012年9月10日 厚岸〜糸魚沢) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。(2012年9月10日 厚岸〜糸魚沢) 2014年6月記
キハ54系の「ルパン三世」ラッピング車両。作者が根室本線沿線の浜中町出身だそうです。(2012年9月10日 釧路) 2014年6月記 キハ54系の「ルパン三世」ラッピング車両。(2012年9月10日 釧路) 2014年6月記 大楽毛駅。ここからでも阿寒バスの釧路空港行きのバスに乗れます。(2012年9月10日 大楽毛) 2014年6月記
キハ40系の釧路行きワンマン列車。(2012年9月10日 大楽毛) 2014年6月記 キハ40系の釧路行きワンマン列車。大楽毛までは通勤・通学需要があるようです。(2012年9月10日 大楽毛) 2014年6月記 キハ40系単行ワンマンの滝川行き。釧路名物の霧です。(2012年9月11日 釧路) 2014年6月記
キハ40系単行ワンマンの滝川行き。実際は帯広で列車番号が変わりますが、表示は滝川行き。(2012年9月11日 釧路) 2014年6月記 キハ40系国鉄色を含むワンマン2両編成の釧路行き。(2012年9月11日 音別) 2014年6月記 キハ40系単行ワンマン列車同士の交換。(2012年9月11日 厚内) 2014年6月記
キハ183系「ニセコエクスプレス」車両の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」。(2011年7月31日 函館本線白石) 2014年6月記 キハ183系「ノースレインボーエクスプレス」車両の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」。(2011年7月31日 函館本線札幌) 2014年6月記 キハ183系「ノースレインボーエクスプレス」車両の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」。(2011年7月31日 函館本線札幌) 2014年6月記
キハ183系「ノースレインボーエクスプレス」車両の札幌〜富良野間「フラノラベンダーエクスプレス」。(2011年8月1日 函館本線白石) 2014年6月記 キハ40系が出番待ちです。(2011年8月1日 新得) 2014年6月記 芽室駅は北海道らしい駅舎でした。(2011年8月1日 芽室) 2014年6月記
キハ40系の池田行きワンマン列車の最後尾は国鉄色でした。(2011年8月2日 帯広) 2014年6月記 キハ40系の釧路行きと滝川行き。ともにワンマン列車。(2011年8月2日 帯広) 2014年6月記 キハ40系の釧路行きと滝川行き。駅の西寄りにはコンクリート橋があります。(2011年8月2日 帯広) 2014年6月記
新得駅。ここで石勝線と合流します。(2011年8月2日 新得) 2014年6月記 新得駅前にはSL9600形のボイラーの蓋がありました。(2011年8月2日 新得) 2014年6月記 新得駅の立ち食いそばはかなりいい味をしていました。(2011年8月2日 新得) 2014年6月記
キハ40系の滝川行き。ここから狩勝峠に挑みます。(2011年8月2日 新得) 2014年6月記 新得駅前にはズバリ「駅前温泉」がありました。(2011年8月2日 新得) 2014年6月記 新得駅前の駅前温泉はトムラウシ温泉からお湯を運んでいるようです。(2011年8月2日 新得) 2014年6月記
根室駅は根室本線の終着駅です。(2010年9月9日 根室) 2014年6月記 根室駅は根室本線の終着駅です。(2010年9月9日 根室) 2014年6月記 根室駅は根室本線の終着駅です。(2010年9月9日 根室) 2014年6月記
根室駅は根室本線の終着駅です。有人駅では日本最東端だそうです。(2010年9月9日 根室) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。太平洋が見えます。(2010年9月9日 別当賀〜落石) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」車内。「北海道&東日本パス」利用者で混雑していました。(2010年9月9日) 2014年6月記
キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」。(2010年9月9日 茶内) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「ノサップ」。(2010年9月9日 茶内) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。(2010年9月9日 厚岸〜糸魚沢) 2014年6月記
キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。(2010年9月9日 門静〜厚岸) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」より。(2010年9月9日 門静〜厚岸) 2014年6月記 釧路駅。根室本線の列車はすべてここで乗り換えです。(2010年9月9日 釧路) 2014年6月記
キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行き。(2010年9月9日 釧路) 2014年6月記 DF200の引く貨物列車。キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行きより。(2010年9月9日 新大楽毛) 2014年6月記 キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行きより。(2010年9月9日 音別〜古瀬) 2014年6月記
キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行きより。穏やかな太平洋。(2010年9月9日 音別〜古瀬) 2014年6月記 キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行き。(2010年9月9日 浦幌) 2014年6月記 キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行き。(2010年9月9日 浦幌) 2014年6月記
キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行き。(2010年9月9日 浦幌) 2014年6月記 キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行きと釧路行き。(2010年9月9日 浦幌) 2014年6月記 キハ40系の滝川発釧路行き。「日本一長い距離を走る定期普通列車」とあります(2010年9月9日 浦幌) 2014年6月記
池田駅前には名産のワイン樽。(2010年9月9日 池田) 2014年6月記 新大楽毛で撮ったDF200の引く貨物列車が池田で帯広行き普通列車を抜いていきました。(2010年9月9日 池田) 2014年6月記 キハ40系国鉄色の単行ワンマン帯広行きが終着駅に到着。(2010年9月9日 帯広) 2014年6月記
釧路駅。ここは霧に包まれていることが多いです。(2010年6月13日 釧路) 2014年6月記 キハ54系単行ワンマンの根室行き。(2010年6月14日 釧路) 2014年6月記 キハ54系単行ワンマンの釧路行き。(2010年6月14日 茶内) 2014年6月記
キハ54系単行ワンマンの根室行きより。無人駅ですが、東根室駅が日本最東端の駅。(2010年6月14日 釧路) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「はなさき」。(2010年6月14日 根室) 2014年6月記 キハ54系の釧路〜根室間「ノサップ」。(2010年6月14日 茶内) 2014年6月記
キハ54系単行ワンマンの根室行き。(2010年6月14日 釧路) 2014年6月記 キハ40系単行ワンマンの帯広行き。(2010年6月14日 釧路) 2014年6月記 キハ40系単行ワンマンの帯広行きより。(2010年6月14日 音別〜古瀬) 2014年6月記
キハ40系単行ワンマンの釧路行き。(2010年6月14日 尺別) 2014年6月記 キハ40系単行ワンマンの帯広行きより。太平洋が近いです。(2010年6月14日 厚内〜直別) 2014年6月記 キハ40系の釧路行きワンマン列車。(2010年6月14日 浦幌) 2014年6月記
池田駅。かつてはここから第三セクターちほく高原鉄道が出ていました。(2010年6月14日 池田) 2014年6月記 帯広駅は高架駅になっています。(2010年6月14日 帯広) 2014年6月記 滝川駅は根室本線の起点ですが、特急は石勝線経由なのでここからは普通列車のみ。(2010年6月16日 滝川) 2014年6月記
キハ40系単行ワンマンの富良野行き。(2010年6月16日 滝川) 2014年6月記 キハ40系が3両停まっていて、1両は国鉄色でした。(2010年6月16日 滝川) 2014年6月記 滝川駅からは日本一運行時間が長い定期普通列車が出ています。(2010年6月16日 滝川) 2014年6月記
キハ40系単行ワンマン列車が出番待ち。(2007年6月18日 富良野) 2014年6月記 キハ183系「クリスタルエクスプレス」車両で運行の「フラノラベンダーエクスプレス」。(2007年6月18日 富良野) 2014年6月記