JR北海道 日高本線の旅
日高本線は室蘭本線苫小牧から分岐し、太平洋に沿って襟裳岬方面へと伸びる長い長い盲腸線です。本線といっても普通列車、それも単行ワンマン列車がほとんどのローカル線です。車窓からは長い区間に渡って太平洋が望めるほか、日高で飼育されるサラブレッドも眺められます。かつてはこの路線と国鉄バス(現在のJRバス)を乗り継いで襟裳岬を多くの若者が旅したものですが、そういう人はほとんどいなくなったようです。 2014年6月記
キハ40系の様似行き。日高本線は専用デザインの車両で運行。(2011年7月30日 苫小牧) 2014年6月記 キハ40系の様似行き。ここで1両は切り離しです。(2011年8月2日 鵡川) 2014年6月記 キハ40系の様似行きより。太平洋が見えてきました。(2011年8月2日 日高門別〜豊郷) 2014年6月記
キハ40系の様似行きより。これぞ日高という車窓です。(2011年8月2日 日高門別〜豊郷) 2014年6月記 キハ40系の様似行きより。ここからさらに海が近くなります。(2011年8月2日 厚賀〜大狩部) 2014年6月記 キハ40系の様似行きより。太平洋が眼前に。(2011年8月2日 厚賀〜大狩部) 2014年6月記
キハ40系の様似行きより。真夏ですが海の水は冷たそうです。(2011年8月2日 厚賀〜大狩部) 2014年6月記 キハ40系の様似行きより。これからあの先のほうまで向かいます。(2011年8月2日 厚賀〜大狩部) 2014年6月記 キハ40系の様似行きより。(2011年8月2日 厚賀〜大狩部) 2014年6月記
キハ40系の様似行きより。(2011年8月2日 節婦〜新冠) 2014年6月記 キハ40系の様似行きより。(2011年8月2日 新冠〜静内) 2014年6月記 静内は沿線では大きな駅です。(2011年8月2日 静内) 2014年6月記
キハ40系単行ワンマンの様似行き。(2011年8月2日 静内) 2014年6月記 キハ40系単行単行ワンマンの様似行き。(2011年8月2日 静内) 2014年6月記 キハ40系単行ワンマンの様似行き。(2011年8月2日 静内) 2014年6月記
キハ40系単行ワンマンの様似行き。サボの部分にはズバリ「日高本線」。(2011年8月2日 静内) 2014年6月記 キハ40系単行ワンマンの様似行き。対向列車の苫小牧行きが到着。(2011年8月2日 静内) 2014年6月記 キハ40系の様似行きより。静内川の河口付近を渡ります。(2011年8月2日 静内〜東静内) 2014年6月記
キハ40系の様似行きより。昔は木材集積地の駅は多かったものです。(2011年8月2日 日高東別) 2014年6月記 様似駅は日高本線の終点です。ここからJRバスで襟裳岬方面へ行けます。(2011年8月2日 様似) 2014年6月記 キハ40系の苫小牧行き単行ワンマン列車。(2011年8月2日 様似) 2014年6月記
様似駅からは日高の山々が見えました。(2011年8月2日 様似) 2014年6月記 キハ40系の苫小牧行きより。夏の遅い夕暮れとなりました。(2011年8月2日 東町〜日高幌別) 2014年6月記 キハ40系の苫小牧行きより。間もなく夜になります。(2011年8月2日 東町〜日高幌別) 2014年6月記
キハ40系の鵡川行き単行ワンマン列車。(2007年7月16日 苫小牧) 2014年6月記 キハ40系の苫小牧行きが終着駅に到着。朝のラッシュ時は3両編成も。(2007年7月18日 苫小牧) 2014年6月記