JR東日本 羽越本線の旅
羽越本線は羽前(山形)・羽後(秋田)と越後(新潟)を結ぶという意味なので、路線そのものという名称なんですね。特急は「いなほ」が走り、観光列車としては「きらきらうえつ」があります。普通列車は村上までは直流電車、鶴岡からは交流電車が走りますが、交直両用電車がないため、村上〜鶴岡間の普通列車はディーゼルカーで運行します。何のための電化なのかよく分からない路線ですね。日本海に沿う部分が多く、車窓は楽しめる路線ですが、電車区間の普通列車はほとんどがロングシートの列車で、日本海に沿う車窓もほとんど楽しめません。  2012年12月記
653系の新潟〜秋田間「いなほ」の自由席車内。新潟から秋田に向かっています。(2017年4月12日) 2017年4月記 終点秋田駅の連絡通路にはD51の模型が飾ってありました。(2017年4月12日 秋田) 2017年4月記 653系の新潟〜秋田間「いなほ」とE129系。(2016年7月24日 白新線新潟) 2017年4月記
キハE120系の新津行きワンマンカーが終着駅に到着。(2016年7月24日 新津) 2016年7月記 キハ40系には国鉄急行色の車両があるようです。おじさん世代にはキハ65に見えてしまいます。(2016年7月24日 新津) 2016年7月記 キハ40系の鶴岡行きが終着駅に到着。(2015年1月25日 鶴岡) 2016年7月記
鶴岡駅。レトロ調駅舎に変わったようです。(2015年1月26日 鶴岡) 2015年1月記 701系2両の鶴岡行きが終着駅に到着。(2015年1月26日 鶴岡) 2015年1月記 キハE120系の酒田行き。(2015年1月26日 鶴岡) 2015年1月記
酒田駅は羽越本線の中心となる駅ですが寂しい駅でした。(2015年1月26日 酒田) 2015年1月記 キハE120系の新津からの列車はここが終着、701系は秋田行き。(2015年1月26日 酒田) 2015年1月記 キハ110系の新津からの列車はここが終着、701系は秋田行き。(2015年1月26日 酒田) 2015年1月記
701系の秋田行き車窓に鳥海山。山頂部分は曇り空と同化。(2015年1月26日 南鳥海〜遊佐) 2015年1月記 701系の秋田行き車窓に鳥海山の裾部分。(2015年1月26日 遊佐〜吹浦) 2015年1月記 701系の秋田行き車窓に日本海。冬なのに穏やか。(2015年1月26日 小砂川〜上浜) 2015年1月記
653系の新潟〜秋田間「いなほ」。(2015年1月26日 上浜) 2015年1月記 653系の新潟〜秋田間「いなほ」。(2014年9月5日 白新線新潟) 2015年1月記 653系の新潟〜秋田間「いなほ」。日本海に沈む夕日でしょう。(2014年9月5日 白新線新潟) 2015年1月記
485系の新潟〜秋田間「いなほ」。(2013年8月8日 秋田) 2013年8月記 701系3両の酒田行き。(2013年8月9日 羽後本荘) 2013年8月記 元常磐線「フレッシュひたち」用653系ですが、「いなほ」用に改造されるそうです。(2013年7月1日 白新線新潟) 2013年8月記
元常磐線「フレッシュひたち」用653系ですが、「いなほ」用に改造されるそうです。(2013年7月1日 白新線新潟) 2013年7月記 485系の新潟〜酒田間「いなほ」。(2013年7月1日 白新線新崎) 2013年7月記 キハE120系の新津発酒田行き。この間を3時間以上かけて走ります。(2013年7月2日 新発田) 2013年7月記
485系の新潟〜青森間「いなほ」。「いなほ」には新潟から酒田、秋田、青森行きの3種類があります。(2010年9月6日 青森) 2012年12月記 白新線115系と並んだ485系の新潟〜秋田間「いなほ」。(2009年11月14日 新潟) 2012年12月記 鶴岡駅は山形県庄内地方では観光客の多い駅です。(2009年11月14日 鶴岡) 2012年12月記
485系「NO.DO.KA」の団体専用列車。小田急ロマンスカーのような展望席があります。(2009年11月14日 余目) 2012年12月記 信越本線115系と並んだ485系の新潟〜象潟間「きらきらうえつ」。(2009年9月6日 新潟) 2012年12月記 新津のディーゼルカー車庫、羽越本線ほか磐越西線のディーゼルカーもいます。(2009年9月5日 新津) 2012年12月記
新津のディーゼルカー車庫、羽越本線ほか磐越西線のディーゼルカーもいます。(2009年9月5日 新津) 2012年12月記 津軽海峡線「はまなす」と並んだ485系の新潟〜青森間「いなほ」。(2009年7月31日 青森) 2012年12月記 北陸本線「きたぐに」と並んだ485系の新潟〜秋田間「いなほ」。(2009年6月28日 新潟) 2012年12月記
485系の新潟〜秋田間「いなほ」車内。(2009年6月28日) 2012年12月記 羽後本荘駅。ここでは由利高原鉄道が枝分かれします。(2009年6月28日 羽後本荘) 2012年12月記 701系2両。羽越本線交流電化区間の普通列車は701系のみで運行。(2009年6月28日 羽後本荘) 2012年12月記
701系。隣のホームには由利高原鉄道のディーゼルカー。(2009年6月28日 羽後本荘) 2012年12月記 キハ40系。キハ40+キハ47×2の編成、赤いのと青いのがあります。(2008年8月8日 新津) 2012年12月記 485系の新潟〜酒田間「きらきらうえつ」。485系改造ですがその当時の面影無しです。(2008年8月12日 新潟) 2012年12月記
485系の新潟〜酒田間「いなほ」。デザインは違いますが原形の車両。(2008年8月12日 新潟) 2012年12月記 485系の新潟〜酒田間「いなほ」。リニューアルされた車両。(2008年8月12日 新潟) 2012年12月記 キハ40系。キハ47の国鉄色とキハ52の国鉄色なので昭和テイスト。(2008年8月14日 新津) 2012年12月記
村上駅。この駅まで直流電車が乗り入れ、普通列車に交直両用車両はなく、ここからはディーゼルカーで運転。(2008年8月14日 村上) 2012年12月記 キハ40系。3両編成で1両ずつ異なるデザイン。1両目は国鉄色。(2008年8月14日 新発田) 2012年12月記 キハ40系車内。ロングシート部分が長く、ボックス席は僅か。(2008年8月14日) 2012年12月記
秋田駅で羽越本線は終わり。ここで秋田新幹線に接続します。(2007年7月20日 秋田) 2012年12月記 485系リニューアル編成の新潟〜青森間「いなほ」。ヘッドライトの光が鋭い印象です。(2007年7月20日 秋田) 2012年12月記 701系普通列車と並んだ485系の新潟〜青森間「いなほ」。(2007年7月20日 秋田) 2012年12月記
701系3両。羽越本線の701系には2両と3両のがあります。(2007年7月20日 羽後本荘) 2012年12月記 701系車内。ロングシートでローカル線旅情希薄です。(2007年7月20日) 2012年12月記