JR東日本 埼京線の旅
「埼京線」という名称は俗称のようで、正式な路線名ではないそうで、赤羽〜大宮間は東北本線の一部なんだそうですが、東北本線と埼京線の線路は離れていますので現実的ではありません。やはり正式名称ではない湘南新宿ラインより以前に開通していて、埼京線は東北新幹線の高架と平行して建設され、赤羽線を経由して池袋に達しています。そういえば現在は「赤羽線」という呼び方は耳にしなくなってしまいましたが、以前はこの間だけを黄色の103系が往復していたものです。埼京線の電車は大宮からは川越線に乗り入れ、川越線は川越を境に大宮寄りは都心に直通する電車が走り、川越線も東部は埼京線の一部と化しています。 2012年7月記
E233系。急速にE233系への置き換えが進んでいるようです。(2013年8月30日 高田馬場) 2013年8月記 E233系。かなりの確率でやってきます。(2013年8月30日 池袋) 2013年8月記 E233系の赤羽行き。(2013年8月16日 池袋) 2013年8月記
E233系車内。埼京線にもE233系が登場しました。(2013年7月14日) 2013年7月記 E233系車内。監視カメラが付いています。(2013年7月14日) 2013年7月記 205系の新木場行き。E233系に置き換えが終了すると205系はどこへ行くのでしょうか?(2013年6月1日 恵比寿) 2013年7月記
205系の新木場行き。渋谷近辺は意外に緑が多いです。(2013年6月1日 渋谷) 2013年7月記 205系が東京臨海高速鉄道りんかい線の地下区間から地上に出てきました。(2013年5月10日 東京臨海高速鉄道東雲) 2013年5月記 205系が東京臨海高速鉄道りんかい線の終点に到着。(2013年5月10日 東京臨海高速鉄道新木場) 2013年5月記
山手線231系と並んだ205系。埼京線にも間もなく233系が導入されます。(2013年4月27日 池袋) 2013年5月記 205系。大崎の新しくなったオフィスビル群をバックに。(2013年4月27日 大崎) 2013年4月記 205系。ここから先は東京臨海高速鉄道に乗り入れます。(2013年4月27日 大崎) 2013年4月記
205系は東京臨海高速鉄道線内だけを行き来する列車にも使われます。(2013年4月27日 大崎) 2013年4月記 205系には6ドア車が2両も組み込まれています。(2013年4月27日 大崎) 2013年4月記 東京臨海高速鉄道と並んだ205系。一番右は湘南新宿ライン。(2013年4月27日 大崎) 2013年4月記
205系車内。ロングシートが並ぶ通勤車両然としたスタイル。(2013年4月27日) 2013年4月記 205系6ドア車の車内。簡易型の腰掛といったような座席が少しだけあるといった感じ。(2013年4月27日) 2013年4月記 205系は池袋から赤羽線に入るのですが、現在は「赤羽線」という名称はもう聞きませんね。(2012年12月19日 池袋) 2013年4月記
205系。首都圏の通勤電車でも屈指の混雑路線で、痴漢が多いという不名誉なイメージもあります。(2007年11月23日 池袋) 2012年7月記 205系は大崎から東京臨海高速鉄道に乗り入れて新木場に向かいます。(2007年11月7日 高田馬場) 2012年7月記 顔を合わせた205系(左)と485系の日光線に乗り入れる特急電車(右)。(2007年4月28日 池袋) 2012年7月記