JR東日本 釜石線の旅

釜石線は東北本線花巻から枝分かれして釜石に向かいます。終点の釜石からは山田線を北上して宮古から内陸へ、盛岡に達し、岩手県を一回りできたのですが、東日本大震災の影響で山田線の釜石〜宮古間は現在不通です。釜石線には盛岡〜釜石間の快速「はまゆり」が走り、この列車は指定席車両も連結しているので1号、3号などと号数も付いています。沿線には観光地として遠野があります。沿線の車窓最大のハイライトは上有住〜陸中大橋間、トンネルを抜けると太平洋側に急な下り坂になります。釜石が山に閉ざされた地形だということがよく分かります。ところでこの釜石線に近々SL、C58が走るそうです。楽しみなのと同時に、三陸の復興に一役かって欲しいですね。  2012年12月記
キハ110系の盛岡〜釜石間「はまゆり」。先頭車両1両は指定席車。(2015年6月27日 新花巻) 2013年7月記 C58の引く「SL銀河」。遠野で1時間以上停車します。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 キハ141系の「SL銀河」。「SL銀河」の客車はディーゼルカー。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記
キハ141系の「SL銀河」。「SL銀河」の客車は元51系客車のディーゼルカー。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 遠野駅。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記
C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記
C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記
C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 C58の引く「SL銀河」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記 キハ110系の盛岡〜釜石間「はまゆり」。(2015年6月27日 遠野) 2013年7月記
キハ110系の盛岡〜釜石間「はまゆり」の指定席車車内。(2015年6月27日) 2013年7月記 花巻駅が釜石線の起点。(2015年1月25日 花巻) 2013年7月記 キハ110系の花巻〜釜石間「ポケモントレイン釜石」。(2015年1月25日 花巻) 2012年7月記
キハ110系の花巻〜釜石間「ポケモントレイン釜石」。(2015年1月25日 花巻) 2012年12月記 キハ110系の花巻〜釜石間「ポケモントレイン釜石」。(2015年1月25日 花巻) 2012年12月記 キハ110系の花巻〜釜石間「ポケモントレイン釜石」車内。(2015年1月25日) 2012年12月記
新花巻駅。釜石線が新幹線と接続するのは新花巻駅。(2011年6月27日 新花巻) 2012年12月記 釜石線の終点、釜石駅。ここからは山田線になりますが東日本大震災の影響で運休中。(2009年8月2日 釜石) 2012年12月記 釜石駅を降りると向かい側に新日本製鐵 釜石製鐵所があります。(2009年8月2日) 2012年12月記
釜石駅。駅のホームからも釜石製鐵所の煙が見えます。(2009年8月2日 釜石) 2012年12月記 キハ110系の盛岡〜釜石間「はまゆり」。指定席車も連結。(2009年8月2日 釜石) 2012年12月記 キハ110系。釜石線は「銀河ドリームライン」の愛称がありますが、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は釜石線がモデルなんだそうです。(2009年8月2日 釜石) 2012年12月記
キハ110系の盛岡〜釜石間「はまゆり」。意外に山が迫った地形です。(2009年8月2日 釜石) 2012年12月記 キハ100系。駅名表が枕木と平行に吊るしてありました。(2009年8月2日 釜石) 2012年12月記 キハ100系。ホームには飾り物ですが腕木式信号機があります。(2009年8月2日 釜石) 2012年12月記
花巻駅。釜石線の起点で、ここは花巻温泉郷への入口。(2008年4月11日 花巻) 2012年12月記 キハ100系。釜石線の起点、花巻駅ホームには鹿おどりが。(2008年4月11日 花巻) 2012年12月記 キハ100系。釜石線はキハ100系とキハ110系で運転されます。(2008年4月11日 花巻) 2012年12月記
キハ110系の盛岡〜釜石間「はまゆり」。花巻から進行方向が変わります。(2007年7月13日 盛岡) 2012年12月記