JR東日本 白新線の旅
白新線は新潟から羽越本線へ抜けるときのバイパスといった路線です。新潟から秋田方面へ向かう特急「いなほ」も通ります。近年では新潟への通勤路線の性格が濃くなり、ロングシート車両を使ったワンマン列車が頻繁に行き来するようになりました。車窓は終始新潟平野の平地を走り、これといったハイライトはありませんが、水量豊かな阿賀野川を渡ります。日本では数少ない「大河」といった印象の川です。  2012年11月記
E129系の村上行き車内。(2015年7月6日) 2015年7月記 115系の豊栄行き。新潟駅は工事中で、8、9番線という仮のような行き止まりホームがあります。(2014年9月5日 新潟) 2015年7月記 115系湘南色の村上行き。(2014年9月5日 新潟) 2015年7月記
115系3両を羽越本線485系の新潟〜酒田間「いなほ」が抜き去ります。(2013年7月1日 新崎) 2013年7月記 これといったハイライトがない白新線ですが、途中阿賀野川を渡ります。(2013年7月1日 大形〜新崎) 2013年7月記 115系2両+3両の新発田行き。後3両はリニューアル車です。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記
115系3両。115系には2両、3両、4両編成とあり、3両編成には青いリニューアル車もあります。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記 115系4両の羽越本線直通村上行き。普通列車の電車は村上止まりです。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記 115系車内。オーソドックスなセミクロスシート。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記
115系3両+2両の5両編成。前の3両はリニューアル車です。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記 115系リニューアル車車内。ロングシート部分に透明な風よけの衝立があります。(2013年7月1日) 2013年7月記 E127系2両を2組連結した4両編成の新発田行き。白新線は新潟への通勤客が多いです。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記
E127系の新発田行きが信越本線485系の「北越」と並びました。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記 E127系の新発田行きが羽越本線485系の「いなほ」と並びました。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記 E127系のドアはボタン操作で開閉します。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記
E127系2両編成はワンマン運転。豊栄までは新潟への通勤路線です。(2013年7月1日 新潟) 2013年7月記 E127系はロングシートの通勤車両です。(2013年7月1日 ) 2013年7月記 E127系2両を3組連結した6両編成の新発田行き。ラッシュ時は編成が長くなります。(2013年7月2日 新潟) 2013年7月記
E127系。車内は通勤用ロングシート、トイレはあります。(2008年8月10日 新潟) 2012年11月記 E127系と信越本線485系新潟〜金沢間「北越」。(2008年8月11日 新潟) 2012年11月記 新発田駅は白新線の終点で、ここで羽越本線に合流します。(2008年8月14日 新発田) 2012年11月記