長崎発の長距離バス その1 長崎県営バス
日本全国を見渡すと、公営バスはその多くが市バスで、市内の路線バスだけを運行しています。長距離タイプの車両はせいぜい空港バス、定期観光程度といえます。そしてその公営バスは徐々に民間バス会社に委譲される傾向にあります。ところが、長崎県営バスは、公営バスが長距離高速バスまで多く運行するという、全国でも珍しい存在です。九州内の小倉、大分、熊本、宮崎、鹿児島へと、長崎のバス会社の中では最も多くの高速バス路線を運行しています。 2014年3月記
長崎空港行き空港バス車内。(2016年2月25日) 2016年3月記 長崎空港行き空港バス車内。長崎空港から長崎駅まで900円。(2016年2月25日) 2016年3月記 長崎空港行き空港バスより。海上空港なので橋を渡って大村市に入ります。(2016年2月25日) 2016年3月記
長崎駅前にある県営バスの長距離バスターミナル。空港行きが出発します。(2016年2月25日 長崎駅前) 2016年3月記 長崎〜熊本間「りんどう」。(2016年2月25日 長崎駅前) 2016年3月記 雲仙行きは変わったスタイルの車両で運行。(2016年2月25日 長崎駅前) 2016年3月記
大村行き。(2016年2月25日 長崎駅東口) 2016年3月記 長崎県営バス、九州産交バス、南国交通と並んでいます。(2016年1月12日 宮崎駅) 2016年3月記 長崎〜宮崎間「ブルーロマン」。(2016年1月12日 宮崎駅) 2016年3月記
長崎〜大分間「サンライト」。隣のバスは南国交通の「ランタン」。(2011年8月28日 長崎駅前) 2014年3月記 長崎空港行き空港バスは以前県営バスが独占していましたが、長崎自動車の参入で運賃が安くなったという経緯があります。(2010年4月5日 長崎空港) 2014年3月記 長崎空港行き空港バス。三菱ふそう「エアロエース」。(2010年4月5日 長崎空港) 2014年3月記
長崎空港行き空港バス。長崎空港は海上空港で、大村市と橋でつながっています。(2010年4月5日 長崎空港) 2014年3月記 変わったスタイルの車両で運行の尾崎行き。尾崎は諫早方面です。(2010年4月7日 中央橋) 2014年3月記 県内の便でも比較的長い距離の便は長距離タイプの車両で運行。(2010年4月7日 中央橋) 2014年3月記
長崎〜鹿児島間「ランタン」。(2010年4月7日 長崎駅前) 2014年3月記 長崎〜大分間「サンライト」は別府も経由します。(2010年4月7日 長崎駅前) 2014年3月記 佐世保行き。背の低い三菱ふそう「エアロバス」。(2010年4月7日 長崎駅前) 2014年3月記
変わったスタイルの車両で運行の雲仙行き。(2010年4月7日 長崎駅前) 2014年3月記 佐世保行き。長崎〜佐世保間は県内の二大都市を結びます。(2010年4月9日 佐世保駅前) 2014年3月記 長崎〜熊本間「りんどう」。三菱ふそう「エアロクイーン」。(2010年3月9日 熊本交通センター) 2014年3月記
長崎〜鹿児島間「ランタン」。(2010年1月7日 鹿児島中央駅) 2014年3月記 長崎〜宮崎間「ブルーロマン」。西日本車体製の車体。(2010年1月11日 宮崎駅) 2014年3月記 長崎〜小倉間「出島」。以前は西日本鉄道との共同運行でしたが、現在は県営バスのみ運行。(2009年12月19日 砂津) 2014年3月記
長崎〜大分間「サンライト」。(2008年1月10日 新川) 2014年3月記