道南発の長距離バス その1 函館バス・北海道観光バス
函館バスは函館を拠点に運行し、このエリアは高速道が発達してないため、長距離バスの路線バスは運行しますが、高速バスの運行はありません。函館バスには函館から松前行きや瀬棚行きがあり、これらはかつて鉄道が通っていた地への足として重要な生活路線になっています。北海道観光バスは新規参入で、北海道バスとともに函館〜札幌間の都市間高速バスを運行します 2014年8月記
北海道観光バスの函館〜札幌間「函館特急ニュースター」。(2017年6月28日 函館駅前T) 2018年5月記   函館バスの瀬棚行き。(2017年6月28日 新函館北斗駅) 2017年7月記  函館バスの江差行きに乗ります。(2017年6月28日 新函館北斗駅) 2017年7月記  
函館バスの江差行き車内。新函館北斗駅から姥神フェリー前に向かっています。(2017年6月28日) 2017年7月記    函館バスの松前行き。函館から木古内を経由して松前へ。(2010年9月6日 木古内駅前) 2014年8月記 函館バスの函館〜瀬棚間「快速瀬棚」。東急系列だった時期があるため東急カラー。(2009年9月8日 函館駅前) 2014年8月記
函館バスの上磯行き。函館からの郊外路線。(2009年9月8日 函館駅前) 2014年8月記 函館バスの恵山御崎行き。かなり古い車両に仲扉を開けた。(2007年7月17日 函館駅前) 2014年8月記 函館バスの上磯行き。(2007年7月17日 函館駅前) 2014年8月記
函館バスの函館〜瀬棚間「快速瀬棚」。三菱ふそう「エアロバス」。(2007年7月17日 函館駅前) 2014年8月記 函館バスの松前行き。(2007年7月17日 函館駅前) 2014年8月記 函館バスの松前行き。(2006年9月8日 木古内駅前) 2018年8月記